特徴

生産者までもがはっきりとした確かな品質の原材料の確保、使用に積極的に取り組み、残留農薬のない農産物、抗生物質やホルモン剤の投与が行われていない畜産物を使用したドッグフードです。人工合成添加物を使用せず、製造段階と日本国内での金属探知機による検査、日本国内での全品検査および高耐候性パッケージへの変更などを経販売されています。

原産国

オーストラリア

主要原材料

ラム肉、ひきわりミレット(黍)、ひきわり玄米、魚類などです。

商品ラインナップ

●プレミアム・ドッグ(普通粒/小粒)ラム肉ベース
オーストラリア産の良質なラム肉、汚染されていない海域で獲れる白身魚肉、全粒の穀物を主原料とした全犬用ドライフードす。
●ビーフ&バーリー
オーストラリア産の良質な牛肉、汚染されていない海域で獲れる白身魚肉、全粒の穀物を主原料とした全犬用ドライフードす。
●セミ・ベジタリアンドッグ
汚染されていない海域で獲れる白身魚と保存料が添加されていない全粒の穀物を主原料とし、老犬にも食べやすい形と大きさになっています。
●プレミアム・パピー
ラム肉主体で、カロリーの高い子犬や妊娠犬、授乳犬、活動犬に最適なドッグフードです。
●ピュア・オーガニック・ドッグフード・アダルト(オーガニックライン)
オーガニックな牛肉とラム肉を使用した全犬用タイプです。
1kgあたり約1,900円です。

SGJプロダクツについてまとめ

ホルモン剤、抗生物質の投与がされていないオーストラリアの食品用肉のみを使用し、オーガニック認定工場でペットフードに加工しています。

SGJプロダクツの評判・口コミ

飼い主口コミ

安くて品質の良い「SGJプロダクツ」を買わない理由がない
私は2か月ほど前からワンちゃんを飼い始めました。
柴犬なのですが、もう本当に可愛くて少しでも長く健康でいてもらいたいと思い、「SGJプロダクツ」のドッグフードを最初のドッグフードとして購入しました。
安くて品質はイマイチのものを選ぶなら、高くても品質の良いものを選ぶという私の考えですが、「SGJプロダクツ」のドッグフードは安くて品質が良いと評判だったので、安心できます。

私のワンちゃんはまだ小さいので少しずつ与えているのですが、よほど美味しいのか、もうすでにがっついています。
ワンちゃんの美味しそうに食べている姿をみると、とても癒されます。
ワンちゃんが飽きるまで、私は「SGJプロダクツ」のドッグフードを与え続けます。


飼い主口コミ

SGJプロダクツで老犬が元気になりました
みなさん、ドッグフードを選ぶなら「SGJプロダクツ」が良いですよ。
私の体験なのですが、1年ほど前にワンちゃんの調子が悪くなり動物病院に行かせ、「老犬だからストレスなく食事を与えましょう」といわれました。
ドッグフードを調べてもたくさんありすぎて、どれを選べばよいのかわからなかったのですが、たまたま担当した医者が犬を飼っていて「SGJプロダクツ」のドッグフードを与えていると聞いたので私もそれにしました。

ドッグフードを変えるだけで本当にワンちゃんは元気になるのか信じていなかったのですが、目に見えてわかるように元気になり、本当に老犬なのかと疑うほどになりました。
老犬で元気がないのではなく、安いドッグフードに原因があることがわかりました。


飼い主口コミ

健康をサポートする「SGJプロダクツ」で体調維持しています
ワンちゃんに長生きしてもらうために必要なのは良質なドッグフードを与えることであり、インターネットでかなり調べました。
口コミで評価の高いものとあまり高くないものとはっきりとしていたのですが、一番気になったのが「SGJプロダクツ」のドッグフードで、迷った末に購入しました。

袋を開けてみて、匂いが強いとは思いませんでした。
それでも食いつきはかなり良かったので、匂いが強くなくて食いつきの良いドッグフードは初めてでした。
無添加でワンちゃんの体にとって良い栄養素も多く含まれているということで、健康のためのドッグフードといえます。
高齢犬にも適していますし、生まれてから最初に与えるドッグフードとしても良いと思います。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ