特徴

病気や老化で体重が減っている、アレルギーで他の肉を食べることができない、元気がない、ダイエットができない、脱毛、脱色、毛艶が悪い、体調不良などの時に生の馬肉を与えられるドッグフードです。

原産国

日本

主要原材料

馬肉が主原料です。

商品ラインナップ

馬肉のミンチ300g×3袋で一般小売価格2,246円です。2セット6袋で1袋サービズ〜5セット購入で4袋サービスなど、たくさんセット購入するとお得です。

馬肉パラパラミンチについてまとめ

馬肉のたんぱく質含量は牛や豚の2倍異常で、しかもカロリーは牛や豚の半分、脂肪分は約1/5と太りにくく、ダイエットにも効果的な食材です。さらに、牛や豚の3〜4倍のビタミンを含んでおり、特にビタミンB12は牛肉の約6倍含んでいます。

さらに不足すると疲れたり抵抗力がなくなる鉄分は牛や豚の3〜4倍含まれており、さらに犬の体に吸収されやすいヘム鉄が豊富です。さらに、長時間の活動にも耐えうるグルコースに変換されるグリコーゲンが他の食肉の2倍以上、必須脂肪酸も適量含んでいます。

病中病後や食の細い子はもちろん、作業犬などスタミナを必要とする犬にもぴったりな食材が馬肉です。パラパラですので適量を解凍してそのまま与えるのが最も栄養を吸収できる方法です。

馬肉パラパラミンチの評判・口コミ

飼い主口コミ

エサを馬肉パラパラミンチに変えました
家ではチワワを飼っていますが、最近エサを「馬肉パラパラミンチ」に変えました。
馬肉パラパラミンチは、小型犬用のエサとして評判がいいみたいです。
インターネット上の口コミサイトでも、馬肉パラパラミンチの記事を良く見かけます。
このミンチは、大切な愛犬のためを思って作られている感じがします。
他にもお肉はありますが、やはり生が一番だと思います。

馬肉パラパラミンチは単独でもいいし、他のドックフードに混ぜても構いません。
私も両方試してみましたが、どちらも美味しそうに食べてくれました。
ただ他のドッグフードに混ぜた方が、より多く食べてくれる感じがしています。
エサを与える時は、ワンちゃんに合った方法を選択すればいいと思います。


飼い主口コミ

馬肉パラパラミンチで体が元気になりました
家には小型犬の老犬がいます。
年のせいか、最近ドックフードを食べなくなりました。
またいつも喜んで着いてきた、散歩にも興味を示さなくなりました。
私は何とかしたいと思い、エサを「馬肉パラパラミンチ」に変えてみました。
馬肉パラパラミンチは、病院の先生から教えてもらいました。
病院の先生にはいつもお世話になっています。
そして先生から教えてもらった馬肉パラパラミンチを、次の日から与えました。
すると喜んで食べてくれるようになりました。
こんなに食べてくれるとは思っていませんでした。

それからは、毎日馬肉パラパラミンチを与えています。
今はミンチをドッグフードに混ぜて与えています。
馬肉パラパラミンチを食べるようになって、体が元気になりました。


飼い主口コミ

馬肉パラパラミンチを気に入っています
ワンちゃんのエサにいつも悩んでいました。
特に家の犬は高齢なので、体に合わないとすぐに体調を崩します。
今まで様々なドックフードを試してみましたが、年のせいか市販のドッグフードに興味を示さなくなりました。
何とかしてあげたいと思い色々と調べてみたら、馬肉が良いという結論に至りました。
しかし人間用の馬肉は高いので悩んでいました。
その時に見つかったのが、馬肉パラパラミンチです。
この製品は、インターネット検索で偶然に見つかりました。

犬用の馬肉があるなんて思っていなかったのでとても嬉しかったです。
その通販サイトには在庫があったのですぐに購入しました。
そして後日ワンちゃんに馬肉パラパラミンチを与えたところ、驚くほど食べてくれました。
馬肉パラパラミンチは栄養も多いので気に入っています。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ