発酵生活はシニア時代の犬の健康維持に役立つサプリメントです。新鮮な50種類以上の植物からエキスを抽出し、長期間にわたり発酵・熟成を繰り返して造られた製品です。各種アミノ酸や生の酵素などが、加熱済みのドッグフードの消化を助け、さらに健康を維持する乳酸菌や酵母、ビタミンやミネラルを効率的に摂取できます。消化能力が衰えてきたり、腸内環境が整わないシニア時代に積極的に与えたいサプリメントです。

原材料

葉菜類、根菜類、果実類、キノコ類、海藻類、野草木類(抽出発酵期材=甜菜糖、食塩)などが含まれています。腐敗することなく保存可能のため、保存期間が10年と長期にわたるのが特徴です。

原産国

日本で生産されています。

ラインナップ

100mlと500mlの瓶入りが販売されています。

値段と1日当たりの給与量

100ml一般小売価格2,000円です。1キロまでの小型犬は小さじ1/5杯、1〜5キロまでは小さじ1杯、5〜10キロまでは小さじ2杯、10〜15キロまでは大さじ1杯、15〜20キロまでは大さじ1杯と1/3杯、それ以上は大さじ2杯を飲み水やフードに混ぜて給与します。その日の体調や運動量などに合わせて増減してください。

発酵生活についてまとめ

発酵によって原材料の炭水化物、タンパク質などがブドウ糖やアミノ酸に分解され、栄養素が体に吸収されやすい形になっています。また、発酵により生成する有機酸やオリゴ糖、β—グルカンが免疫機能を活性化し、さらに微量元素も含まれていて、犬の健康寿命を延ばすサポートをするサプリメントです。

発酵生活の評判・口コミ

飼い主口コミ

発酵生活(ウェルエイジ)で犬が元気になりました
私のところには年老いた犬がいますが、最近体調が悪く心配していました。
また年なので仕方がないのかな、という思いもありました。
そしてそのことを同じ犬を飼っている知人に相談したところ、発酵生活(ウェルエイジ)を紹介してくれました。
発酵生活(ウェルエイジ)は、犬や猫の体にいい成分がたくさん入っているようです。
そこで近所のお店で購入して、早速与えてみました。
この商品を犬に与える時は、ペットフードや飲み水に直接滴下するだけで大丈夫です。

最初はあまり反応を示しませんでしたが、最近はとても美味しそうにフードを食べてくれるようになりました。
また体調も前より元気になりました。
発酵生活(ウェルエイジ)が効いたのだと思います。
これで元気になってくれればと思っています。


飼い主口コミ

発酵生活(ウェルエイジ)はペツトの健康寿命を延ばしてくれます
発酵生活(ウェルエイジ)はネット検索で見つけました。
最近は人間と同様、ペットの健康寿命も話題になっています。
家の猫も毎日の食事に気を遣っていますが、発酵生活(ウェルエイジ)を使い始めてからは毎日与えるようになりました。
水と一緒に混ぜたり、ペットフードに直接振りかけたりして食べさせました。
発酵生活(ウェルエイジ)を与えるようになって、元気になったような感じがします。

また最近便秘気味でしたが、トイレも毎日行くようになりました。
この調子でいけば、健康寿命も延びるかもしれませんね。
ペットの食事や健康に気を遣っている方も多いかと思います。
そんな方に、この発酵生活(ウェルエイジ)をおすすすめしたいですね。
とてもいいですよ。


飼い主口コミ

毎日発酵生活(ウェルエイジ)を与えています
猫ちゃんにはいつまでも元気でいて欲しかったので、発酵生活(ウェルエイジ)を購入しました。
発酵生活(ウェルエイジ)は、ペットショップで知りました。
いつものようにペットショップに餌を買いに行った時、スタッフの方が発酵生活(ウェルエイジ)を教えてくれました。
普通の餌や水と一緒にやればいいので、とても簡単みたいです。
これで猫ちゃんが元気になってくれたらいいなと思っています。

こちらのペットショップでは、発酵生活(ウェルエイジ)は人気商品みたいです。
それだけペットのことを真剣に思っている人が多いのでしょうね。
しかし価格が少し高めに設定されていますが、その分効果があるので私は気になりません。
今は毎日餌と一緒に与えていますよ。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ