私は、以前犬を飼っていたことがあり、その際に、各種犬用品を購入したことがあります。犬を飼うと、さまざまな用品が必要となります。たとえば、首輪や、柵などといった基本のものから、最近では、洋服なども販売されています。

私は、犬用品を最初購入するときに、どこで購入しようかと悩みましたが、大型のホームセンターで購入をすることにしました。

なぜなら、インターネットの場合、商品の実際の質感やサイズなどがわかりにくいですし、商品に関する説明を直接店員さんに聞くことができないです。

首輪なんかもそうですが、表示のサイズ、そして体重を目安にすることができますが、大きめのサイズを選ぶほうが安心です。

特に、うちの犬は、本当に普段からよく動きますし、力も強いですので、大きめのサイズのものを選びました。首輪などは、サイズが少しでも合わなかったり、違うと、やっぱり犬自身が嫌がる可能性がありますし、抜けたりゆるんだりするのも大変なので、しっかりと選ぶことが必要だと思います。

私が、なぜホームセンターで購入するのか、というと、ホームセンターの場合、置いてある商品に限りはありますが、店員の方に商品について質問をしたりすることができるからです。

インターネットの場合、詳しいことが分からなかったり、また欠陥品であるということも考えられますので、万が一のことを考えると、避けていました。

また、私は、長く使っていたペット用品が、破損してしまったり、経年劣化してしまった経験があります。ペット用品は、どんなに良いものでも、消耗品だと思いますし、常に点検をしておかないと危険だと思います。私は、最初こういった劣化の点検をしていなかったので、止め金具などが摩耗をしていて、危険だな、と思ったことがあります。大体、1年ぐらいで交換をしたりなどしていました。ペット用品は、それほど安くありませんが、安全のために、定期的に点検をすることが大切だな、と思っています。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ