管理人樹里

犬を飼った時から必要になる犬用品ですが、必ず揃えたいものや、人気グッズなどがたくさん市販されています。近年は近くのショップよりインターネットで簡単にいろいろなものを購入できる通販サイトも人気です。特に通販サイトは自宅まで配達してくれるので、重いものなどがある犬用品を購入するのには便利です。そんな犬を飼ったら揃えたい犬用品や人気グッズ、おすすめ通販サイトなどをご紹介します。

犬を飼育するために必要な物—子犬編

子犬が家に来る前に揃えておきたい犬用品は、犬用のベッド、トイレ、トイレシーツ、ケージ、、サークル、餌入れ、水入れ、おもちゃです。ケージの中にベッドとトイレを別々に置き、トイレにはトイレシーツを敷き、ベッドには柔らかいクッションや布団をおきます。サークルは大人になっても入れられるように、高さを考えて用意します。サークルは横棒が入っていないものの方が脱走しにくく、大型犬の場合は屋根が付いている方が安心です。トイレはトイレシーツを固定でき、かつとレシートを食べてしまわないように上から網のようなものを被せることができるタイプが安心です。水入れ、餌入れはケージやサークルに固定できるものも販売され、ひっくり返すなどがありません。

犬を飼育するために必要な物—成犬編

外飼いにするか、家の中で飼うかによって必要なものは異なりますが、外で飼育する場合も、鎖でつながず檻などを用いて自由度を大きくしてあげることを推奨します。鎖でつながれるていると、逃げ場がないため、吠える、噛み付くなどの問題が出ることがあります。また必要に応じて出入りのできる小屋が必ず必要です。しかし、外で犬を飼うと、仲間を必要とする社会性の高い犬は不安感をいつも抱えてしまうこと、飼い主とのコミュニケーションが取れないこと、病気や怪我に気がつかない、ダニやノミなどが寄生しやすく汚くなるなど、あまりお勧めできません。散歩のための首輪、リードが必ず必要です。チェーンカラーは訓練の時に使用するもので、散歩の場合にはふさわしくありません。特に犬が後ずさりをすると簡単に外れますので、注意が必要です。

犬を飼育するために必要な物—老犬編

外で飼育していた犬もシニアになったら家に入れてあげたいものです。しかし、長期間家の外で暮らしてきた犬は、室内のルールに馴染めず、飼育が困難になることもありますので、その場合は玄関先でも大丈夫ですから、ケージを用意し、そこで休ませます。シニアになると足腰が衰え、車椅子やおむつ、褥瘡管理のためのマットレスなどが必要になることがあります。毛が薄くなってきた犬には、寒い時期は服を着せることも重要です。

お勧め便利グッズ

持っているととても便利な犬用品を紹介します。

ドッグシューズ

熱いアスファルトを歩かせる時、雨などの汚れ防止、災害などの避難時に履かせると安全に歩かせることができます。

クールベスト

高分子吸収体が仕込まれており、水に浸すことにより冷却効果が得られます。暑い夏にお勧めのグッズです。

ホーガンハーネス

犬の飛び出しには後ろ足の力が必要で、後ろ足をコントロールすることで飛び出しや飛びつきを防止する新しいタイプのハーネスです。

フリーハンドドライヤー

犬をシャンプーした後の乾燥の時には、地肌を乾燥させた方がより乾きやすいのですが、片手にドライヤーを持っているとコームなどが使えずに不便です。フリーハンドドライヤーはおくだけで両手を使うことができるため、とても便利です。

アルテア体圧分散マット

犬がシニアになって寝たきりになると、床ずれができることがあります。床ずれは一旦できると治りにくいので、このマットに寝かせることにより予防することが重要です。

おすすめ通販サイト

近所のペットショップにはなかなか売っていないオシャレな犬用品が買える通販サイトをいくつかご紹介します。

犬グッズ通販 HAU(ハウ)

http://www.hau-dog.com/
大型犬飼い主御用達のかっこいい犬グッズが買えるお店です。リードやハーネス、おもちゃ、食器、ライトなど、世界中から集められた犬用品が揃っています。

海外直輸入犬用品の通販店 ModernDog

http://www.modern-dog.jp/
ここも海外直輸入の犬用品が買えるサイトです。外れることがない迷子札や引っ張り防止リード、各種首輪やリード、食器など、ここでしか購入できないものがたくさん揃っています。大型犬〜超大型犬のグッズの品揃えが豊富で、近所では小型犬用ばかりしか手に入らないと嘆く飼い主さんからの人気が高いお店です。

犬グッズ通販スマイヌ

http://sumainu.jp/
ペットキャリーや機能性の高い食器、ドッグテントやドッグベッドなどが充実しており、値段も手頃で、普段使いに優しいお店です。

ペット用品通販 ペピイ

http://www.peppynet.com/
犬の飼い主なら知らない人はいないほど、有名な通販サイトで、ほとんどの動物病院でカタログが手に入ります。ドッググッズからドッグフードまで、幅広く取り揃えていて、とても便利です。

まとめ

犬を飼育するときに必要な犬用品や人気グッズ、変わったものやオシャレなものが手に入る通販サイトをいくつかご紹介しました。外国製品などはとてもオシャレなものが多く、少しずつ取り入れると毎日の犬との生活が楽しくなるのでおすすめです。

犬用品に関するQ&A

Q:チェーンカラーとは何ですか?どういう時に使うのでしょうか?

A:チェーンカラーとは引くと首が締まる金属製の首輪のことです。犬の首(顎のすぐ下)を締めると犬が動きにくくなるので、犬の動きをコントロールすることができます。このような使い方は、主にドッグショーなどで犬を美しく走らせるような場合に使います。もう一つは、通常は緩めておいて、犬に注意を与える時に強く引く使い方で一般的に「ショック」と呼ばれます。ショックのかけ方は非常に難しく、使い方は訓練士に習う必要があります。犬の首への装着にも方向が決まっており、また毛が短く首がまっすぐな犬(ドーベルマンなど)では、すぐに肩の方に落ちてきてしまい、効果が薄くなります。何れにしても、チェーンカラーは訓練の時に使用する用具であり、散歩などで使ってはいけません。緩めずに締めていると、チェーンカラーの効果はなく、さらに犬の気管を痛める危険性があります。また犬が前に進む時は締まりますが、後ろに下がるとチェーンが緩み、その時に頭を振られると簡単に外れてしまいます。

Q:昔から犬は外でつないで飼っていました。いけませんか?

A:日本に古くから住んでいる芝犬系統の犬は、体も中型で毛も厚く、また性格も独立心に富んでいて、外にいても平気なことが多いようです。近年、洋犬と呼ばれるような犬(ラブラドールなど)を飼う飼い主も増え、従来の外で飼う方法は推奨されなくなりました。元来ヨーロッパでは犬は何らかの仕事の伴侶であり、そのため飼い主への依存心の強い犬種も多く、外では疎外感を感じることが多いと言われています。また外で飼うと、常に人間の様子を観察することができず、ちょっとした動きに驚いて咬傷事件に発展するなどの問題が発生する場合があります。また室内で飼われることを基礎として繁殖されてきているため、日本の気候に対応できないこともあります。犬という生き物は社会性のある生き物で、集団生活に適応して進化してきました。人も含めた家族で生活できることが犬の情緒や体調の安定には重要です。外で飼っていると、体調の変化に気がつきにくくなり、病気の治療などが遅れることもあります。

Q:最近ハーネスをつけて犬を散歩で見かけることが多くなりました。ハーネスの利点を教えてください。また欠点は何ですか?

A:ハーネスはもともとソリ犬などが何かを前に引くための道具でした。犬は前に進む力がとても強いため、大型犬などではソリだけではなく荷車を引くためにも使われました。ハーネスの利点は首輪と違い、犬が前に引いた時に首に力がかからず、気管などを痛める心配がないことです。一方、もともと引っ張るための道具ですから、犬が飼い主の意向を無視して前へ引っ張った場合には、相当の力で引きずられることになります。首輪と違い犬は引っ張ることによって苦しくないので、疲れるまで引っ張り続けます。散歩などで飼い主を引っ張る犬は、飼い主を引っ張ってはいけないと躾ない限り、首輪もハーネスも同じように犬は飼い主を引っ張り回し、その場合ハーネスはより危険です。

Q:おもちゃに反応しないのですが、どうしたらいいですか?

A:犬は必ずしもおもちゃで遊ぶとは限りません。おもちゃが好きな犬もいれば、全く関心がない犬もいます。おもちゃに関心のない犬は、子犬の時にあまりおもちゃを与えられなかった犬が多いようです。犬を飼う上でおもちゃで遊ぶのは必須ではありません。飼い主と散歩をしたり、かけっこをしたりできれば十分楽しいものです。ただ、おもちゃで遊ぶことを取り入れることにより、運動機能がより発達し、同時に知的好奇心も発達します。おもちゃに興味のない犬をおもちゃで遊ばせたいと思うのであれば、工夫が必要です。飼い主がおもちゃを獲物のようにランダムに動かしたりして、犬がチラッとでもおもちゃを見たら褒めます。おやつをあげてもいいでしょう。それを根気強く繰り返していると、やがて犬の方からおもちゃに近づいてきますので、また褒めます。おもちゃに触ったら褒める、咥えたら褒めるなどを繰り返すと、そのうちおもちゃで遊ぶようになります。おもちゃで遊ぶ時は必ず飼い主と遊ぶようにすると、絆も深まります。

Q:ケージやサークルなど、犬を閉じ込めるものは嫌なのですが。

A:ケージやサークルに犬を閉じ込めるのがかわいそうという飼い主がいますが、その場合は、家中に排泄されたり、家具を齧られたり、盗み食いをされたりする覚悟が必要です。犬は教えられなければ、本能で行動するだけです。家が壊されるのは飼い主が納得していればいいのですが、盗み食いは犬の命に関わります。また排泄の躾にはケージやサークルが有効です。

Q:サークルを使った室内での排泄の躾方を教えてください。

A:まず、犬がどのタイミングで排泄をするのか、よく観察することです。子犬を例にとると、目が覚めた後や食事の後、遊んだ後に排泄しやすくなります。ケージでもサークルでも、排泄場所と寝床は区別できるようにして、排泄場所にはトイレシーツを敷いておきます。普段はそこで生活させ、排泄をしたらサークルから出して遊んであげます。しばらくしたらまたサークルに入れ、次に排泄したらサークルから出して遊んであげることを繰り返すだけです。そのうちサークルの外にいても、排泄がしたくなったらサークル内のトイレに行くようになります。排泄中は何らかのコマンドを使い、排泄が終わったら褒めたり、おやつをあげたりすると効果的です。室内のトイレの躾をしておくと、悪天候の日や、犬、あるいは飼い主の体調が悪い時などに外に行かなくてすみます。年を取って足腰が弱っても無理に外に連れ出さなくても良いので、犬も楽なようです。もし外で排泄させたいのであれば、サークルなどで生活をさせて、目が覚めたり、食事の後にすぐに外に連れ出します。外での排泄の躾が終わらないうちは部屋で自由にすることは避けるべきです。

Q:ドッグシューズの宣伝を目にしますが、やはり履かせた方がいいのでしょうか?

A:普段のお散歩において、ドッグシューズはあまり必要ないかもしれません。暑い日はドッグシューズを履かせていても、アスファルトなどでは下からの輻射熱で熱中症になりやすいため、散歩自体避けるべきです。また冬の雪道などでも犬には靴は必要ありません。犬の肉球の近くには動脈が走っていて、素早く足元を温められるので、凍傷にはならないと言われています。ドッグシューズが有用なのは、実は室内なのです。近年フローリングの家が増えて、犬にとっては滑りやすい状態です。若いうちは筋肉が発達していて問題は顕著に現れませんが、年齢を重ねるにつれて、その負担から足腰を痛めることになります。大型犬ではより負担が大きいと言われ、踏ん張れずに転倒なども起きる可能性があります。滑り止めのワックスは何種類も販売されていますが、素人が簡単に塗れるワックスは、大型犬の爪で簡単に剥がれます。ワックスの粉が増えるだけです。シリコンコーティングなどは有用ですが、新築の時でなければなかなか施工が難しく、費用もかかります。ドッグシューズは裏に滑り止めが付いていて、フローリングに最適ですし、爪でワックスが剥がれるのも防いでくれ、一石二鳥です。一番の問題は犬が履くことを嫌がることです。全く動けなくなる犬もいます。できれば思考が柔軟な若いうちから慣らしておくといいでしょう。

Q:犬用の乳母車を見かけますが、有用ですか?

A:年老いたり病気になって歩けない犬にはとても有用です。部屋の中だけではなく、外の空気を吸ったり音を聞いたりすることは犬にとってとても重要です。また小型犬を多頭飼いしている場合など、一度につれて歩く時には重宝します。しかし、目線が高くなることで強くなったと勘違いして吠えついたり、また自分の足で歩かずに弱ってしまう場合があるので、注意が必要です。

こちらもチェック!人気コンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ