犬にも食の好みがあると聞きますが、それは本当のようで、我が家の愛犬は肉食系の獣であるにもかかわらず、ジャガイモとチーズが大好きです。お肉屋さんで安く購入できる牛肉のアラなどはもちろんかぶりついて食べるのですが、ドッグフードよりはただジャガイモをつぶしただけのマッシュポテトが大好きで、穀類をごはんがわりに食べるのはよくないのではないかと悩む飼い主の気も知らず、マッシュポテト用の皿を持ってきては催促したりする困った子です。仕方がないのでジャガイモはたまのおやつとして与えていますが、待ち望んだおやつを前に輝く愛犬の目の色を見ると、呆れるやら感心するやらで言葉もありません。

ジャガイモの他に好きなおやつといったらチーズで、歯磨き用のガムよりもよほど食いつきよく食べます。なるべく硬めのものを与えているつもりですが、ガムと比べると弾力性もかけるので、果たして歯のトレーニングやストレスの解消につながっているのかと不安にもなる毎日です。

それでもそうして好みを探りつつ、なんとなく食事情をコントロールできていたところに、家族の手によって犬用ケーキという爆弾は落とされました。カボチャやブルーベリーなど、人間が食べても大丈夫な安心食材で作られた甘さ控えめのケーキの、その味を知ってしまったから大変です。甘党よりもしょっぱいもの好きの方だと思っていた愛犬の、困った一面をまた一つ、私は認識せざるを得ませんでした。

犬も人間のように偏った食生活をするのではなく、肉以外はなるべくバランスよく栄養素をとった方がいいという話なので、今はジャガイモとチーズと甘さ控えめのクッキーといった感じでおやつのローテーションを組んでいます。クッキーは購入すると高いので、なんとか自分で手作りできないかと考えている所ですが、良い材料を揃えると、手作りでもお金がかかるのが難しい所です。できる限り好きなものを食べさせつつ、健康な食事を摂らせてあげられるようにと工夫して、毎食の管理に取り組んでいきたいと思いました。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ