我が家では犬種の違う2匹の犬を飼っています。それぞれ小型犬なのですが、共通して好きなおやつが骨ガムです。

おやつの与えすぎは愛犬の肥満に繋がってしまったり、ドッグフードを食べなくなったり注意が必要ですよね。ですが、骨ガムであれば一つ食べるのに時間がかかるので犬にとっても満足感があるのと、骨ガムには歯みがき効果や歯を丈夫にする効果があるのでおすすめのおやつです。

我が家でも2匹の犬にそれぞれ骨ガムを与えると、自分のお気に入りスペースに持ち帰って楽しそうに噛んでいます。
(大きい骨ガムをうっかり飲み込んでしまうと気管に詰まる恐れがあるので、骨ガムのサイズには注意が必要だそうです。)

犬にはそれぞれ個性があるように、我が家の愛犬も食べるスピードや歯の強さに違いがあります。2匹の様子を見ていると、食べるのが速く歯も強い方は固い骨ガムも早々に食べ終えてしまい、どうやら手持ち無沙汰な様子です。

一方、食べるのがあまり早くなく、歯も決して弱いわけではないのですが固い物を噛むのはあまり得意でない方はまだまだ時間がかかりそう…。

すると、既に食べ終えた方の犬がまだ骨が噛んでいる犬の方に近付いていきます。まだ噛んでいる途中の骨ガムをじっと見て「伏せ」の姿勢をしたり、周りをグルグル回ったり…すると、まだ噛んでいる方の犬が骨ガムを放してしまいました。

そして、周りをグルグル回っていた犬は近付いて食べ残しの骨ガムをぱくり。やっぱり狙っていたんですね、無言のプレッシャーをかけていたのだと思います。普段は仲良くしている2匹なのですが、食べ物のこととなると違うようです。私たち人間には分かりませんが、犬の世界にも色々と難しい犬同士の関係があるのだと思いました。

それからは、おやつに骨ガムを与える場合は食べるのが遅い方に配慮してあげることになりました。以上、複数の犬を飼っていて骨ガムを与える場合には食べる速度の違いに注意が必要、という体験談でした。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ