我が家では犬に手作りでご飯を作るということが当たり前になっていました。獣医師さんによっても見解は様々で、専用の(動物病院専売品など)フード推奨の先生もいれば、手作りを勧めてくださる先生もいます。私は計3件の病院を経験しましたが、手作りフードを勧めてくださった先生はお一人でした。

いまでこそ犬から猫から小動物までが動物病院へ行き、ペット保険なるものもできました。まだ動物病院が普及していなかった頃は「ねこまんま」という言葉があるように、人間の食べ残しのお米やお味噌汁を混ぜて与えていた人も多かったかと思います。

しかし現代の手作りごはんとは、昔のように何でもかんでもむやみやたらに人間と同じものを与えればいいいとか、お惣菜を与えてもよいといったことではありません。人間にも子ども・大人・高齢者によって必要な栄養素、消化できる食物が違うように、犬にも見合ったごはんの調理が必要になります。私がドッグフードから手作りごはんに変えた理由は、糞からドッグフードと同じ臭いがするのが気になったことと、おならを頻繁にしていたことからです。病院で検査をしても特に異常はみとめられず、その時に獣医師さんから手作りごはんをあげて様子を見てみませんかと?ということから始まりました。それからすぐに犬の手作りご飯のメニュー本を購入しました。当時はまだ手作りごはんが普及しておらず、本も一冊しか見つけることはできなかったのでこちらを参考に様々な料理をつくりました。

すると、問題だったオナラもなくなり、なにより犬が食べる時の意欲もドッグフードの時とは比べ物にならないほどに感じました。淡々と同じものを黙々と食べ続けるということを人間で想像したら、それはもう”食事”ではなく”作業”だと思えてきました。手作ごはんを続けていくと、犬の好みもわかってくるんです。どんなものが好きでどんな物に興味を示すのか、こんな食感は苦手だ、など。それからは、以前よりも目の前の犬に対して関心を持ちながら接することができるようになりました。

我が家の犬は、特にササミやすなずりがすきでした。スーパーですなずりを見つけた時には買って帰ってオーブンでじっくり焼いてあげました。自分の料理にはすなずりなんて使ったことなかったのですが(すなずりは焼き鳥でたべるもの!とおもっていましたから)、オーブンでいい具合に焼けたら、自分用に塩コショウをかけて拝借っ!これがまたおいしいんです。

犬の手作りごはんによって、私も普段てをださない食材に出会うこともできました。しかし、やはり忙しくて作る時間がない時などにはドッグフードにお世話になることもありました。どっちが絶対”悪”ということではなく、どちらのいいところも悪いところも理解したうえで、上手に利用していけたらよいと思っています。私にとっては手作りであたえていたことで、喜んでたべてくれるその姿から「ありがとう」という気持ちにさせてもらえました。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ