犬のおしっこが赤かったり、茶色がかっていたら、血尿が疑われます。尿は便と共に健康の指標となるものであり、万一血尿が出た場合の原因や症状、治療方法などについて解説します。

膀胱炎

尿を溜める膀胱が炎症を起こす病気で、概ね尿道から細菌が感染して起こることが多く、尿道が短いメス犬の方がかかりやすいといわれています。何度もトイレに行く、血が混じるなどの症状があれば、獣医の診察を受け、抗生物質などで治療します。膀胱炎は早期に治療することにより完治する病気ですが、途中で治療を中断するなどで慢性化すると腎盂腎炎などを引き起こし、命に関わることがありますので、早急に治療を開始し、頻尿などの症状がなくなっても、尿検査で尿に白血球が見られなくなるまで完全に治療を行います。

尿路結石

尿路結石は腎臓や膀胱内の尿の成分が結晶化したものが、腎臓や尿管、膀胱、尿道などに詰まってしまう病気です。結石が膀胱内や腎臓内の内壁を傷つけ、出血により血尿を引き起こします。尿道や膀胱内で結石が大きくなると、尿の流れをせき止める形になり、尿が出にくくなります。特に尿道が細くて長い雄犬は結石が尿道に詰まりやすく、尿が出ないと数日で腎不全を引き起こし、死に至ります。排尿を我慢させない、水を多めに飲ませるなどの環境を整備することで、結晶化の予防が可能な場合があります。また外に出た時のみ排尿をする犬は特にちゃんと尿が出ているかを観察する必要があります。

腎臓結石

腎臓の中に結石が出来る場合は、あまり症状が外に出ず、他の病気でエコー検査などをした時に発見されることが多い病気です。結石が血管を傷つけて血尿が出る場合がありますが、出ない時もあります。進行すると腎不全を引き起こすことがありますから、注意が必要です。何も症状がない場合にも、1年に一回はエコー検査をすることをお勧めします。

前立腺炎

老犬のオスが罹りやすい病気で、尿道からの感染が前立腺に達し、そこで炎症を起こす病気です。ひどくなると血尿が出て、同時に発熱や嘔吐など感染を疑われる症状が出ることが多く、抗生物質等で治療します。

前立腺肥大

去勢していないオス犬の場合、老齢になるとホルモンバランスの乱れなどにより前立腺が肥大し、血尿がみられるようになります。ひどい場合は去勢することで治癒が望めます。

食中毒

玉ねぎなどネギ類の中のアリルプロビルジスルフィドという成分は、犬の赤血球を溶血する働きがあり、煮炊きでは消失しないため、これらを含んだカレーなどを食べてしまった時にも症状が出ることがあります。個体によって許容量は異なり、一概にどれだけ食べたら危険という指標はなく、食べてから2〜3日後に血尿が出たり貧血が進んだりすることがあります。同じくチョコレートも血尿が出る場合があり、注意が必要です。貧血は体全体の酸素不足から心臓が過剰に働き、心不全で死亡することもある危険な症状です。もしこれらの食べ物を食べたのがわかったら、2〜3日は貧血の具合を調べてもらい、ひどい場合には輸血などの処置をおこないます。

感染症

蚊に刺されることで感染するフィラリアでは末期には血尿が多く見られます。またダニが吸血するときに媒介するバベシア原虫は、赤血球に寄生して増殖を繰り返すため、最終的に赤血球を破壊し、血尿などの他に貧血などを引き起こします。バベシアに感染すると高熱と貧血が腎不全や肝不全、心不全の引き金となり、最終的に死に至ることもある恐ろしい病気です。フィラリアもダニの吸血で起きるバベシア症も薬剤で予防できる病気ですので、忘れずに予防してあげるのが飼い主の義務と言えます。すべての蚊やダニがフィラリアやバベシアを持っているわけではありません。

腫瘍

尿路中や前立腺などに何らかの腫瘍がある場合、血管が切れて出血する場合があります。抗生物質など一般的な抗菌剤で症状が改善されない場合には、エコー検査やレントゲン、CT検査などで患部を発見する必要があります。外科手術や抗がん剤の内服、放射線照射などの治療法があります。

老犬のトイレトレーニング

外で排泄をしている犬でも、老犬になったらなるべく室内で排泄させた方が健康管理には役立ちます。排泄物が目で確認でき、特に尿の色や臭いを見たり嗅ぐことで病気の兆候を見つけることができます。子犬だけではなく、老犬でも室内のトイレトレーニングはできますが、子犬の時より時間がかかるのは仕方がありません。できれば子犬のうちから室内で排泄ができるようにしつけておくと、暴風雨や病気の時に外に出さなくても済みますからおすすめです。

まとめ

犬の尿が赤い、あるいは茶色い場合には何らかの病気のサインです。特に何度も排泄しようとして出ない場合には、非常に重篤な病気があり、様子を見ているうちに腎不全や心不全で急死する可能性があります。普段と違う尿が認められたら、早急に尿を持って動物病院を受診することをお勧めします。オスの場合にはコップなどを使って簡単に尿を採取できますし、メスの場合はお菓子の缶の蓋などを排尿している間に差し入れると簡単に採取できます。綺麗なジップロックなどに移し替え、できるだけ早く動物病院に提出することが重要です。犬をすぐに連れて行けない場合でも、尿だけは最初に見てもらいましょう。普段から採尿スポンジを動物病院からもらってストックしておくといざという時に安心です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ