腸閉塞とは何らかのものが腸に詰まって正常に機能しなくなった状態を指します。また大きなもののつまりではなく、消化器官が運動を停止して腸閉塞が起こる場合は、無力性イレウスと呼ばれることもあります。腸が完全に閉塞してしまうと、命に関わることになりますので、その症状や治療法を知っておくことは非常に重要です。

犬の腸閉塞の症状

腸閉塞が軽度〜中度の場合には、元気がなくなる、嘔吐や下痢が見られる、時には便秘などが起こります。何度も吐くのは腸閉塞の可能性が非常に高く、吐いたものが消化の途中で膵液や消化液を含んだ黄色や土色のドロドロしたものを吐く、あるいは吐いたものが臭いなどの場合には特に可能性が高いとされています。これは閉塞した腸の中では細菌が増殖しやすくなり、ガスや毒素が発生するためで、この毒素が血流に乗って全身に回ると、全身状態が急速に悪化します。しかし、嘔吐や下痢などは他の消化器官系の病気や肝臓・腎臓などの病気、中毒や脳疾患などでも起こるので、どの病気が原因であるのかは獣医の診断を受けることが重要です。腸閉塞が重度になると、重度の吐き気や腹痛、元気がなくなるなどが急速に起こり、毒素によって粘膜のうっ血や頻脈などが起こることがあります。

犬の腸閉塞の原因

犬の腸閉塞の原因のほとんどは誤飲といわれています。ボールやおもちゃ、石や布、トイレシーツを食べてしまい、胃の中で高分子吸収体が膨潤して詰まるなども考えられます。また犬用のガムや骨、アキレス腱などをかまずに飲み込んで詰まる場合があります。特に紐状のものは片方が幽門部などに引っかかり、反対側が腸に送り込まれると腸を傷つけ、腸の内容物が腹腔内に流れ込むことにより重度の腹膜炎を引き起こすことがあります。さらに腫瘍や他の臓器にできた炎症が腸を圧迫して起きるものや、外科手術後に腸の蠕動運動が阻害されることにより起こることがあります。さらに、低カリウム血症や低マグネシウム血症などでは筋肉が動かなくなり、無力性イレウスになる場合があります。手作り食などを継続して食べている場合には、注意が必要です。腸内に寄生虫がいる場合も、詰まることがあります。

犬の腸閉塞の検査

飼い主への聞き取りや超音波エコー、レントゲンなどで異物がないかを検査します。さらに、バリウムを飲ませてレントゲンを撮影することで、閉塞しているかどうかがよくわかります。

犬の腸閉塞の治療

異物などを飲み込んでいる場合には、ほとんどが開腹手術になります。放置すると血流障害から腸が壊死し、その部分から内容物が腹腔内に漏れ出して腹膜炎を起こしたり、ガスで膨らんだ腸が他の臓器を圧迫して血流障害が起きると、他の臓器も壊死してしまう可能性があるからです。腸間膜捻転や腸捻転などを併発している場合には、腸のほとんどを切除しなければならないことがあります。このような重症の場合、数時間で死に至る危険性がありますので、真夜中でも獣医の診察を受けることが重要です。開腹手術は全身麻酔下で行われ、重症の場合は入院も長くなるため、費用は10〜30万円以上かかることも少なくありません。腸重積は再発の可能性があり再発防止処置が必要になる場合もあります。

犬の腸閉塞の予防

犬の腸閉塞の原因の大半は誤飲です。特に子犬のうちは、なんでも口にしてしまう傾向があり、注意が必要です。犬の口が届くところ、特に床には飲み込めるものは置かない、見ていられない時には安全なケージに入れることが予防の第一です。また口にしたものを飼い主にすぐに渡せるように日頃からしつけをしておくことも重要です。犬は大事にしているものを取られると勘違いして飲み込んでしまうことがあります。犬がおもちゃなどで遊んでいる時に、美味しいおやつを見せて、「出せ」と命じておもちゃとおやつを交換します。根気よくしつけると、すぐに出すようになります。また散歩中は拾い食いをさせないように、注意します。拾い食いをさせないことは、異物の誤飲予防だけではなく、農薬など犬にとって毒物であるものを口にしないしつけにもなります。大きいものだけではなく、紐や糸なども時には重篤な症状になることがあるため、犬の身の回りの片付けが特に重要になります。

犬が万一異物を飲み込んだら

犬が異物を誤飲したのを見た場合は、すぐに獣医を受診します。胃の中に止まっているうちは、薬剤で吐かせたり、内視鏡で取ることができるかもしれません。早いものだと1〜2時間で腸に移行し、その場合は開腹手術が必須となってしまい、犬自身も飼い主にも大きな負担となってしまいます。また、異物を口にくわえている時に騒いでしまうと、犬は飲み込んでしまいますから、冷静に出せと命令します。

まとめ

犬の腸閉塞の原因はさまざまですが、一番多いのは食べ物ではないものをを飲み込む誤飲です。日頃から犬の身の回りには飲み込めるものを置かない、拾い食いをさせない、口に入れたものを飼い主が取り出すしつけをすることが重要です。また連続した嘔吐の場合には、腸閉塞の可能性があり、数時間で全身状態が悪化する場合がありますので、至急獣医の診察を受けることが必要です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ