近年犬も高齢化が進み、腫瘍が発生する割合が多くなっています。腫瘍とは無秩序に細胞が増殖してできたもので、その場にとどまり大きくなるだけで他に影響を与えない良性腫瘍と湿潤・転移を伴う悪性腫瘍に分かれます。腫瘍の早期発見や治療法について解説します。

がん化のメカニズム

無秩序に増殖する腫瘍細胞は生まれた時から常に動物の体内で発生していますが、通常は免疫機能がそれを抑えています。また抗がん遺伝子も存在しているといわれており、それが細胞のがん化を抑えているといわれています。しかし、加齢に伴い、免疫力が低下し、また抗がん遺伝子も徐々に不活性化されてがん細胞が抑え込めなくなり、やがて体内のさまざまな部分に影響を与えてくるようになります。がん化のメカニズムはまだ十分に解明されてはおらず、未知の部分の多いのですが、老化に伴いがん化の頻度が増していきます。犬は人よりがんにかかる比率が約2倍といわれていますが、これは栄養学や獣医学、予防医学などの発展に伴い犬の平均年齢が伸びたことも一つの要因です。

良性腫瘍

細胞は無秩序に増殖しますが、他の部位に移っていくことのない腫瘍です。急速に大きなっていくことは少なく、経過観察をすることが多い腫瘍ですが、あまりに大きくなりすぎた場合は切除手術を行います。以下に良性腫瘍の例を挙げます。
脂肪腫:体のどこにでもできる可能性のある腫瘍で、柔らかく弾力のある塊ができます。特に切除の必要はありませんが、何らかの感染が起きたり、どんどん大きくなったり、また全身麻酔をするようなことがあった場合に同時に切除することがあります。
腺腫:皮脂を分泌する腺が詰まったり感染を起こしたりして発生します。肛門周辺や耳、指の間にできやすく、悪性の腺がんと症状が似ているため、注意が必要です。
上皮腫:体を覆っている皮膚にできるため、どこにでも発生する可能性があります。表面がドーム状に盛り上がることが多い腫瘍です。
エプリス:歯茎全体が持ち上がって歯が見えなくなったり、一部がぶら下がったりします。繊維性、骨性、棘細胞性があり、棘細胞性の場合には顎の骨まで切除しないと再発する可能性があります。食事ができないほどになった場合には切除を検討します。

悪性腫瘍

概ね急速に大きくなることが多く、形も崩れることが多いのですが、必ずしも当てはまるとは限りません。湿潤・転移がしやすく、早期に転移し始めるものはほとんど救命することができません。
肥満細胞腫:体内に異物が侵入した場合に炎症を起こし、その異物を排除するのが肥満細胞です。この肥満細胞ががん化したのが肥満細胞腫で、転移しやすいがんの一つです。皮膚にできた場合は患部を含めて大きく切除手術を行い、再発を防ぎます。
扁平上皮癌:扁平上皮ががん化する病気で、身体中のどこにでも発生します。爪の根元や口腔内、耳の先端などにできることが多いようです。
悪性黒色腫(メラノーマ):皮膚がんで、多くは口の中の粘膜や舌、足先にできます。進行速度が速く、悪性度の強いがんです。
悪性リンパ腫:白血球の一部のリンパ球ががん化する血液のがんの一種で、リンパ腺が全身に渡って腫れることで発見されることが多い病気です。多中心型、前縦隔型、消化器型、皮膚型に分けられます。8割程度は多中心型です。若い犬のかかるがんでは悪性リンパ腫が多く、血流に乗って転移していくため、治癒が難しいがんです。
乳腺腫瘍:乳腺にできるがんです。良性・悪性どちらも同じような形をしており、病理検査で調べることが必要です。避妊をしていないメスが中心ですが、オス犬にも発生します。
骨肉腫:2歳前後の犬が罹りやすい、四肢の骨に発生するがんです。進行が早く、足を切断しても肺に転移していることが多い病気です。
この他にも、血管肉腫、腺がんなど、多種類のがんが存在します。

がんの早期発見

犬のがんの一番の対処法は早期発見、早期治療です。そのため、通常から犬の状態を観察し、異常があれば獣医の診察を受けます。毎日犬の体を触り、変なできものができていないか、ただれや腫れ、触ると痛がるような部分はないかチェックします。さらに白目が黄色くなっていないか、耳や鼻にできものができていないか、口や舌に黒いできものがないか腫れていないか、足を引きずったりできものができていないかをチェックします。また尿や便の具合、呼吸の乱れ、食事量、元気などを総合的に判断します。犬の体の各所にあるリンパ腺は外から触ることができます。特に顎の下と後ろ足の膝の裏はわかりやすいので、毎日チェックするようにします。

がんの治療方法

がんの3大療法は外科手術、抗がん剤治療、放射線治療になります。外科手術はがんが小さく、転移がない場合には、一度の手術で完治が望めますので、この段階で発見することが最も重要になります。さらに血液のがんでは全身にがんが広がっており、また抗がん剤にもよく反応することが多いため、抗がん剤治療が最初の選択肢となります。放射線治療はがんが放射線のエネルギーを吸収しやすい性質を利用した治療法で、がんに選択的であり、比較的副作用も弱いとされています。手術ができない部位の脳腫瘍などにも適応できます。しかし、放射線治療をうけられる機関が少ない、費用が高額である(概ね200,000円以上)、照射ごとに全身麻酔が必要であるなど、困難なことの多い治療法です。その他に食事療法や免疫療法、漢方、鍼灸などさまざまな治療法がありますので獣医とよく相談します。

まとめ

がんの治療は早期発見・早期治療が最も大切です。常に犬の状態をチェックし、少しでもおかしいと思ったら獣医の診察を受けることが重要です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ