飼い主を見上げる犬の目はとても可愛いものですが、犬にはたくさんの目の病気があります。特に犬の目は人より眼球の露出が多く、また地面に近いため草や小枝の先などで怪我をしやすい構造です。目の病気の予防方法や早期発見方法、さらに目の病気になった時の対処法など解説します。

角膜炎

目が大きく露出しているフレンチブルドッグやボクサーなどの短頭種に起こりやすい病気で、痛みがあるため目をこすったり、床にこすりつけたりします。また黄色い目やにが出たり涙を流すなどの症状が出ます。原因は何らかの異物が目に刺さったりする外傷性と犬ジステンバーや犬伝染性肝炎などの感染症やアレルギーなど非外傷性に分けられます。角膜に傷がついているかどうかは点眼ですぐにわかりますので、傷ついた目を洗浄し、角膜の再生を促す薬と抗生物質などの目薬を併用します。ひどくなると結膜の充血やまぶたの痙攣、角膜表面への血管新生や角膜潰瘍を生じることがあります。この場合には、一度角膜を手術で傷つけてもう一度再生を促したり、ひどい場合は一時的に瞼を縫い合わせて治療することもあります。非外傷性の場合は、原因となっている疾患を治療します。

チェリーアイ

犬の目は人とは違い、瞬膜という眼球を覆う膜があります。目頭の部分の瞬膜が外に突出する病気がチェリーアイ(瞬膜露出症)です。原因は先天的に第三眼瞼腺と骨膜の結合力が弱まっている場合と、外傷や潰瘍などが原因で発症します。治療薬はあまり効果がなく、角膜に傷がついたり、炎症がひどくなる場合には第三眼瞼腺を切除するか第三眼瞼腺を第三眼瞼に縫い付けて外に飛び出さないように手術を行います。この手術により涙の量が少なくなり、ドライアイや乾性角結膜炎などが起こりやすくなるなどの副作用があるため、処置には獣医との十分な検討が必要となります。

白内障

白内障は目の中の水晶体が白く濁り、徐々に視力の低下が見られるようになります。多くは加齢によるもので、次第に濁りが酷くなり最終的には何も見えなくなることがあります。また糖尿病や外傷などでも起こることがあり、若年で発症するものは遺伝的なものが原因とななることが多いようです。白内障治療のための内服あるいは点眼薬にはあまり効果が見られず、進行してしまうのがほとんどです。完全に治療するためには、水晶体を超音波で破壊し、その後犬用のレンズを挿入する外科手術が可能です。手術は眼科専門医のところで行う必要があり、費用は片目で100,000円前後ですが、犬の場合、術後管理が難しく、目を掻くなどで感染を起こすと、眼球摘出など白内障よりひどくなる可能性があります。また長い間白内障で目が見えない場合や、遺伝的に目の後ろの神経が悪くなっていると、レンズを入れても視力は戻らない場合があります。外科手術をするためには、さまざまな検査や獣医師との慎重な相談が必要となります。

角膜潰瘍

黒目の表面の透明な膜に潰瘍ができることで、外傷やドライアイ、逆さまつげなどの刺激で角膜が白濁する病気です。痛みがあるため、目をしょぼつかせたり、足で目をこすったりします。ひどくなると角膜に穴が開いて眼球破裂などを起こしかねないので、しっかりと治療します。軽度の場合には点眼薬と掻かないようにエリザベスカラーで管理を行い、重度の場合は外科手術が必要な場合もあります。パグやシーズー、フレンチブルドッグなどの目が飛びでている犬種に発生しやすく、日頃から目の様子には注意するようにします。完治した後も角膜に白濁が残ることがあります。

小眼球症、無眼球症

眼球が小さいのが小眼球症で、眼球そのものがないのが無眼球症であり、発生の途中で母体内で何らかの異常が起こったと考えられていますが、はっきりとした原因がわかっていません。小眼球症の場合、エコー検査などで眼球が認められれば、目尻を少し切開して目が見えるようにすることが可能な場合があります。無眼球症の場合は、何もせずにそのままにする方が良いとされています。この病気は遺伝性であると考えられており、親も含めて繁殖には用いないことが絶対条件です。

流涙症

涙が出ても鼻涙管に吸収されずに瞼から溢れ、目から鼻の横まで茶色く変色するいわゆる涙やけといわれる病気です。結膜炎や異所性睫毛結膜炎、眼瞼内反症、鼻涙管狭窄などが原因と考えられています。また涙を鼻へ流す鼻涙管が先天的、あるいは後天的に閉塞していることがあり、後天的なものではつまりを針で刺して除去する治療も可能です。またドッグフードに入っている添加物や保存料が原因で涙に色がつく場合もあります。流涙症の場合には、涙はこまめに拭き取り、感染を防ぐために点眼薬を処方されることがあります。

まとめ

犬の目の病気はここにあげたものの他に、睫毛が眼球に刺さる逆さ睫毛や目に毛が生えているように見える類皮症、徐々に失明に至る網膜剥離、目に膿汁が蓄積される前房蓄膿他たくさんの種類があります。犬が目を痒そうしていたり、何かに目を擦りつけている、目やにが黄色く量が多い、涙を大量に流すなどの症状があった場合にはできるだけ早く獣医の診察を受けることが重要です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ