管理人樹里

犬は寒さには強いのですが、暑さには弱い生き物です。なぜなら、お体を冷やしてくれる汗腺が足の裏にしかなく、呼吸の時に舌からの水分の蒸発で体を冷やす以外に方法がないからです。真夏にはたくさんの犬が熱中症にかかり、そのうちのかなりの数が命を落とします。しかし、夏以外でも熱中症にかかることがあり、犬の周囲の状況には細かく注意を払う必要があります。熱中症について考えてみます。

そもそも熱中症とは

熱中症とは暑さの体温調節機能が追いつかなくなり、体温の上昇とともに体の恒常性が失われることです。犬の場合、最初はハアハアとした呼吸をし始め、次にパンディングという激しくハアハアした呼吸をし、さらにひどくなると意識を失ったり、痙攣を起こしたり、さらに全身の機能不全により死亡します。熱によって体内の酵素などが変性することにより全身の血流が妨げられ、、脳への血流を最優先するために他の臓器へ血流が減少し、その影響で腎不全を起こすことが多く、熱中症で動物病院へ救急搬送される犬の半数が死亡するという恐ろしい状態ですが、飼い主が気をつけることにより防げる症状です。

犬の体温冷却方法

人の場合、暑くなると汗をかき、皮膚の汗が蒸発する際の気化熱により体表面の熱が奪われ、体温の上昇を防ぎます。一方犬は足の裏しか汗をかくことができず、体温の上昇には舌からの唾液の水分の蒸発による冷却を行えるだけです。鼻から肺までの間に冷やされた空気を体に送り込みます。したがって、パグやフレンチブルドッグなど極端に花が潰れている犬は、肺まで距離が短く、冷却が間に合わず暑い空気を肺に送り込んでしまうので、より熱中症にかかりやすくなります。

熱中症のかかりやすい環境

真夏の太陽の下が暑いのは誰でもわかることですが、意外と軽視しがちなのが湿度です。気化熱を用いる場合には水分を気化させる必要があり、周りの湿度が高いとそれ以上空気中に水分が放出できなくなるからです。したがって、梅雨の時期などの湿度の高い時期は注意が必要です。また夏の夜のアスファルトの温度には十分な注意が必要です。犬の背中は被毛で覆われており、熱を遮る空気層があるのですが、腹側は毛の薄いことが多く、アスファルトの熱を直接受けてしまうことがあります。夜でも散歩の時は必ず素足でアスファルトの温度を測ってから出かけます。熱いと感じる時は危険です。植物は自分の蒸散力で冷やしているため、空気が熱いときでも草の上の散歩は安全です。また真冬の締め切った車の中も意外と盲点です。直射日光が当たる場所に車を止めて犬を放置すると、その直射日光で熱中症になる可能性があります。冬は空気が冷たいので、多少の時間であれば窓を多少開けることで熱中症を防ぐことができます。しかしやはり日陰に車を停めることお勧めします。

熱中症と思ったら

犬の呼吸があまりにも速く治る気配がない場合には、熱中症が疑われ、すぐに治療を開始しないと死亡することがあります。まず、プールに入れる、ホースで水をかけるなどをしてみます。ホースよりプールなどにつけたほうが効果的です。夏場に外に出す場合には常に水を意識します。水につけても呼吸が収まらない場合は、濡らしたバスタオルで全身を包み、扇風機の風を当てると効率的に冷やすことができます。また首や足の裏に保冷剤をタオルで巻いてあてがうと、より早く冷やすことができます。犬の足の裏は動脈がすぐ近くを通っており、足の裏を冷やすと効率的に血液を冷やすことができます。それで収まらない場合は、濡れたバスタオルで包み、車の冷房の風を直接体に当てるようにしながら動物病院へ搬送します。

熱中症にさせない方法

暑いと時に外に出さないのはもちろんですが、どうしても外に出るときは汗の代わりに犬の被毛を濡らしておくと効果的です。濡らしてもすぐに乾いてしまうので、あらかじめ氷を入れたスプレーを持ち歩き、時々犬の体に吹きかけます。口の中に直接冷たいスプレーをかけるのも、水分補給と同時に冷やす効果があり有効です。またTシャツなどを濡らして着せるのも体を冷やす効果があり、同時に熱からも犬の体を守ってくれます。また犬用の首に巻ける保冷剤や、高分子吸収体をベストの中に組み込み、水分をより多く保つことができるベストも販売されていますので、上手に利用しましょう。また家の中でも空気を回すために扇風機をかけたり窓を少し開ける工夫も必要です。近年では夏のエアコンは何度も消したりつけたりするより、24時間つけっぱなしの方が電気代が少ないといわれています。犬を留守番させる時はエアコンをつけていき、万一停電などでエアコンが消えた場合に備え、クールマットや扇風機を用意し、一部屋は窓を開けておくなどの工夫で熱中症を防げます。また停電は夕立や台風などで起こりやすく、万一のために汎用リモコンをもう一台用意し、ある時間になったらタイマーでエアコンをつけるという裏技もありますので、参考にしてください。

まとめ

冬でも起こる可能性がある熱中症は、犬が死亡してしまうことがある恐ろしい状況です。飼い主が気をつけることで防ぐことができるので、日頃から犬の飼育環境には十分に気をつけましょう。

こちらもチェック!人気コンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ