犬は人と異なり、頻繁に吐くことがあります。腐ったものなど体に悪いものを排出したり、食べ過ぎたりした時に簡単に吐いてしまいます。1回吐いてその後元気であれば心配ありませんが、中には重篤な病気が隠れていることがあります。嘔吐の原因や症状、対処法などについて解説します。

嘔吐と吐き出し

犬が吐く場合、ある程度消化されたものを吐く場合を嘔吐、ほとんど消化されていないものを吐く場合を吐き出しといいます。嘔吐は下を向いて吐き、吐いたものを犬は食べないことが多く、吐き出しは勢いよく吐いてその後に吐いたものを再度食べたりします。嘔吐の場合は胃や小腸に問題がある場合が多く、吐き出しは食道部分に問題がある場合が多く、多くは早食いなどで食べ物が詰まったりしたことが原因です。しかし、頻繁に吐き出しをする場合、食道に何らかの異常があり、食べ物を飲み込めない嚥下困難、食道拡張、腫瘍などの病気である場合もあり、食事をするたびに吐く場合は獣医の診察を受けます。

嘔吐物

吐いたものの中には白い泡のようなものや黄色い色のものが混じることがあり、白い泡は胃液、黄色い色は胆汁です。また茶色や赤などの血液が混じる場合には、胃潰瘍や腫瘍などの病気の可能性があります。またチョコレート色の血液が大量に混じっている場合には重症の可能性があり、すぐに動物病院に連れて行きます。あまりたくさん出血すると、小型犬の場合貧血から心不全を引き起こす可能性もあり、注意が必要です。

中毒

キシリトール、ネギ類、チョコレートなどを食べてしまうと、犬によっては少量でも中毒になってしまうことがあります。また道端の除草剤などで中毒を起こす場合もあります。犬が食べたものがわからない場合も多く、激しく吐く、痙攣や下痢を伴うなど、急激な症状の悪化が見られた場合には、速やかに獣医の診察を受けることが重要です。その際、嘔吐したものや下痢などを持参すると、原因の特定に役立つかもしれません。

感染症

犬パルボウィルス感染症、犬コロナウィルス性腸炎などに感染すると嘔吐を繰り返し、同時に下痢などの症状が出ます。犬がぐったりとしていて、特に子犬や老犬である場合には、放置すると手遅れになる可能性があり早急な治療が必要です。

胃捻転

コリー、ボルゾイ、シェパード、ダックスフンド、ペキニーズ、コッカースパニエルなどに多く見られる病気で、食物が胃に入った後に胃が捻転を起こす病気です。胃がねじれるため胃の中の食物が発酵してガスが溜まり、膨れた胃が他の臓器を圧迫して血流が妨げられ、多臓器不全で数時間のうちに死亡する可能性が高い病気です。上記の犬種の中でも遺伝的に胃捻転を起こしやすい個体があり、血統が近い犬の中に胃捻転を起こした犬がいる場合には特に注意します。大量に食べ物を与えない、ゆっくり食べさせるように食器を工夫する、食べた後は休息を取らせるなどの工夫で予防することができる場合もあります。また胃捻転はカルシウムの過剰摂取が原因となることもあるといわれています。犬は人よりカルシウムの摂取量が多く必要ですが、市販のドッグフードには十分量が含まれており、獣医師の特段の指示がある場合以外には、カルシウムなどを特別に与えないようにします。何度も吐きたい様子を見せるが吐けない、腹が急速に膨れているなどの症状があった場合は、様子を見ることなく夜でも獣医の診察が必要です。ほとんどの場合は捻れた胃の修復を行い、血流が閉ざされて壊死した臓器を生命に支障がない範囲で切除します。

消化器以外の病気

嘔吐の原因は必ずしも消化器だけの問題ではなく、肝臓病や腎臓病、副腎皮質機能低下症などの病気でも起こることがあります。頻繁に嘔吐する場合には、血液検査など詳しく全身状態を検査する必要があります。

嘔吐した時の対処法

胃液や胆汁だけを吐いて後は普通に食べる場合には、胃酸のですぎが問題ですので空腹の時間を短くするために、1回の食事量を減らして回数を多くします。また1回だけ吐いただけで元気にしている場合は問題がありません。しかし、ぐったりしていたり、何度も吐く場合は重篤な病気の場合もありますので動物病院を受診します。

絶食

消化器に問題がある嘔吐の場合の治療法の基本は絶食と絶飲になります。絶食は24時間、絶飲は12時間程度といわれていますが、嘔吐が何度も続くと脱水になる可能性があり、その場合には点滴治療により水分を補給しながら消化器官を休ませます。

絶食後の食事

胃が空っぽで休んでいる状態ですから、あまり急激に食べさせると消化不良を起こしてまた具合が悪くなったりしますので注意が必要です。まずはヨーグルトやりんごのすりおろしなどから始めて、問題がなければドッグフードをぬるま湯でふやかして、通常の4分の1〜3分の1程度から少しずつ与えます。犬の状態を観察しながら、2〜3日かけて通常の量や回数に戻します。

まとめ

犬は人より簡単に嘔吐します。1度きりで後は普通にしており、元気があれば大丈夫ですが、何度も吐く、下痢を伴う、血が混じる、腹がふくれる、ぐったりしているなどの時は早急に動物病院を受診することが大切です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ