人と同じく下痢は犬によく見られる病気の一つで、一度も下痢をしたことがない犬はほとんどいないといっても過言ではありません。下痢は体に良くないものを食べた時の排出や体が冷えることやストレスなどによる腸の過敏反応などによって起こります。しばらく様子を見るか、動物病院へ連れているべきか迷う病気でもあります。下痢の原因と対処法について解析します。

小腸性の下痢と大腸性の下痢

小腸の不調で起きる下痢の場合は、未消化のドッグフードなどが出てくる場合が多く、便以外のものはあまり付着していません。栄養が吸収されないので、長く続くと痩せてくる場合があります。お腹を押さえるとゴロゴロいったり、おならが多い場合も小腸性の下痢の可能性が考えられます。一方大腸の不調で起きる下痢の場合は、水分の吸収が妨げられており、便に腸壁が剥がれたゼラチン様のものや血が混じることが少なくありません。排便を我慢できないのも多くは大腸性の下痢です。

食べ過ぎや拾い食い、ストレスからくる下痢

食べ過ぎや腐ったものを食べた時、ペットホテルに預けられたり何らかの集まりに出て緊張したり興奮した時などが原因で起こる下痢です。ストレスはある程度仕方がない部分もありますが、子犬のうちにしっかりと社会化を行うとこで、多少の環境変化では下痢をすることがなくなります。盗み食いのうちドライフードの盗み食いは、胃の中でドライフードが水分を吸収するため、下痢と同時に脱水になる可能性があります。小型犬やあまりにたくさん食べてしまった場合には、動物病院で吐かせる、点滴で水分を補給するなどの治療が必要になる場合があります。ネギなど犬が食べると中毒を起こす食品もありますから、食物は犬の口が届かないところに保管します。大型犬になると予想外に高いところにも届きますし、扉を開けることもできますから注意してください。冷蔵庫も意外と簡単に開けることができます。また拾い食いは農薬などの毒物が混じっている場合があるため、拾い食いをさせないように、しっかりと見張ることが大切です。1日以上下痢が続くようであれば動物病院を受診します。

寄生虫

草むらの臭いを嗅いだ時などに、寄生虫の卵を拾ってくることがあります。定期的な検便で発見できますので、年に2回程度は検便をし、寄生虫がいた場合には駆虫薬を飲ませます。犬の寄生虫としてはジアルジア、コクシジウム、瓜実条虫などが見られます。成犬ではあまり問題になりませんが、子犬や老犬では下痢や貧血など重症化しやすいので注意が必要です。子犬を迎えて最初のワクチンの際は必ず検便をします。

アレルギー

何らかの物質にアレルギーを起こすと、下痢になる場合があります。特にドライフードなどは使われている添加物や肉の種類、保存料などに反応することがあります。アレルゲンを特定するのは困難な場合も多く、わかった場合にはそれを除いた食事にすると下痢が改善されることがあります。

感染症

パルボなどの感染症で下痢が起こる場合、子犬では生命が危険にさらされますので、少しでも早く動物病院で診察を受けます。検査キットで簡単に診断することができます。

血便

下痢が続くと血便が出て非常に慌てることがあります。鮮血であれば大腸、黒っぽいタール状であれば胃や小腸からの出血と考えられます。大腸性の下痢の場合、重症でなくても下痢が続くと腸の粘膜が剥がれて出血することがあります。ぐったりしていなければ1日くらいは様子を見ても大丈夫です。治療には抗生物質や下痢止め、止血剤などを使いますが、下痢止めに関しては体に悪いものを排出するために下痢をしているという観点から、むやみに使用することは勧められません。

下痢の時の対処法

多くの下痢は体に良くないものや食べすぎたものを排出するためのものであり、腸が過敏に動いている状態です。まずは一旦胃腸を休めるために、丸一日食事を抜きます。その後下痢が治るようなら、ヨーグルトなどを少しずつ食べさせ、ドッグフードも3分の1程度くらいから始めます。下痢が長く続くと脱水になる心配があり、水を飲ませることは重要です。背中や頭の皮を引っ張りすぐに元に戻る場合には問題ありませんが、皮膚がいつまでもシワだったりゆっくり戻ったりする場合には脱水が危惧されます。生命の危険がありますので動物病院での点滴治療が重要となります。遅れると意識不明から多臓器不全を引き起こす可能性があります。

動物病院へ行くかどうかの判断

子犬の場合は、何らかの重篤な感染症が疑われたり、体力もあまりないため下痢による脱水や低血糖などで生命の危険が危惧されるため、2〜3回程度続いたら動物病院を受診します。成犬では、下痢をしていても元気であれば2日程度様子を見ることが可能ですが、水を飲んでも吐く、ぐったりしているなどの症状があるときは動物病院を受診することが重要です。

まとめ

下痢は犬の病気の中でも非常に頻繁に見られ、さまざまな原因で起きる病気です。何をどのくらい食べたか、どんな環境にいたかなど、飼い主の話が治療に重要になります。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ