最近流行りになっているニュースには麻疹の問題というものがありまして、自分は若いころ当然のように受けていたので驚きました。こういったことは両親がとても熱心でしたので予防接種をしっかりと受けさせてくれたので現状としてはこういった病気には掛からないのには助かっています。

さて話は変わるのですが犬のワクチンや予防接種に関しても人間のこういった健康を考えるのと同じぐらい大事だと思います。当然飼い主として知っておくこととしてはワクチンや予防接種が必須であるということでしょう。一番に必須として義務付けられているものとしては狂犬病のものがありますが、実際に犬を飼うことが初めての方はこれが法律で義務付けられているのを知らないという話も聞きましたので、この辺は本当に知っておかないといけない飼い主としての義務でしょう。

その他のワクチンや予防接種に関しては飼い主が自由に選ぶことが出来るのですが、ここで問題になってくるのは上記に挙げたような麻疹のワクチンのように、飼い主が大事に思ってくれるのならばいいのですが、やれあのワクチンは非科学的だとかオーガニックを目指しているから予防接種は悪だと思ってしまう、その飼い主の情報弱者的な問題だと思います。

実際にワクチンや予防接種もダダではありませんが、狂犬病は義務として仕方ありませんがそれ以外のものでも混合接種としても値段は一万円も掛からないお手ごろな値段で受けることが出来るのでやっておくに越したことはないと思います。自分は両親もこういった感じで子供である自分を大事に思っているからこそこういったワクチンや予防接種をしてくれたのでしょうし、その精神はしっかりと自分にも受け継がれているのかなと思って、自分が買っている二匹の犬にもしっかりと子供の頃にワクチンや予防接種を病院でしてもらいました。

幸い現在も5歳を超える二匹の愛犬たちですが、毎日元気一杯なのでやはりワクチンや予防接種は飼い主の義務だなと感じています。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ