犬を飼い始めると、法律上飼い犬の登録を自治体に出さないといけないのですが、現実には出していない飼い主の方が多いようです。確かに法律違反とは言え、飼い犬登録をしないだけならば、かなりの飼い主の方が当てはまるのが現実と言えます。

しかし、飼い犬登録をしないということは、狂犬病の予防接種に関して行政側が接種の有無についてチェック出来ないため、予防接種をしない飼い犬が出て来るということでもあります。

加えて政府の発表では、平成5年に99%だった狂犬病の予防接種率が平成26年には71%にまで減少しているそうです。これは登録犬についてですから、飼い犬登録していない分は考慮されておらず、一説には日本で飼われている犬の半分以下しか接種していないという話もあります。勿論、未登録でも狂犬病の予防接種を受けさせている飼い主も居ますが、実態としては登録している飼い主より低いのは当然のことでしょう。

因みに、狂犬病とは、犬を中心にして噛み傷から唾液に含まれるウイルスに感染し、発祥すると脳障害を起こし、最終的には麻痺状態から呼吸障害を起こして、ほぼ致死率100%という大変恐ろしい病気です。犬だけではなく、ネコやコウモリなども媒介することがあり、人間を含む全ての哺乳類に感染する可能性があります。

日本での狂犬病の発症例は1957年以降把握されておらず、ある意味「過去の病気」と言えなくもありません。しかしながら台湾でも半世紀ぶりに発症例が確認されるなど、海外との交流が密接になっている今、本当の意味で「過去の病気」と言い切って良いかはかなり微妙と言えるでしょう。

このような状況ですので、危機感や知識の無い飼い主がより増えやすい条件が整っていると言えます。「自分の犬はちゃんとした所から購入しているから、狂犬病ウイルスは持っていない」としても、違う犬が狂犬病ウイルスを保有していて、そこから感染すれば意味がありません。そしてそうなれば、命の危険に晒されるのは、愛犬だけに限らず飼い主の家族や周囲の方も同じです。

飼い犬登録をしていない方は、今すぐ登録すると共に、狂犬病の予防接種を受けさせていないのなら、すぐに受けさせることが大変重要なのです。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ