管理人樹里

子犬を始めて飼う時には、予防接種をどうするか?最初に飼い主が直面する問題です。また成犬になっても、年に一度の狂犬病の予防接種は法律で義務化されています。その他にも病気を未然に防ぐ効果が期待出来る予防接種を徹底解説します。

予防接種(ワクチン)とは?

ワクチンとは、もともと病原菌に対する抗体を持っていない体に弱毒化したり、滅菌したりした病原菌を接種し、その病気にかかる前に免疫を獲得しておく方法です。あらかじめ免疫を持っていると、病原菌に感染した場合素早く反応することができ、病気の発症を防いだり、発症しても軽く済むという利点があります。

子犬のワクチンプログラム

子犬は生まれた時は母親から病気に対する抗体をもらっています。したがって、生後2〜3ヶ月頃までは病気にかかりにくいといわれています。母親からの移行抗体は生後2〜3ヶ月頃に切れるので、その時を狙ってワクチンを接種します。あまり早いと移行抗体によって接種した病原菌が無効化されてしまい、ワクチンの意味がなく、遅すぎると病気に罹患する可能性があります。移行抗体の消失には個体差があるため、ワクチンプログラムが終了するまでは外を歩かさないなどの注意が必要です。初回のワクチンを接種後に抗体ができるまで約1ヶ月、その後もう一度接種(ブースターと言います)することで体の中の抗体の量が増加します。獣医師によっては、さらにもう一度接種することもあります。

ワクチンの種類

ワクチンは殺した病原菌を用いた「不活性化ワクチン」と毒性を弱めた病原菌を用いた「生ワクチン」があります。不活性化ワクチンは病原菌が死滅しているため、その病原菌に感染することはなく、副作用も少ないとされていますが、免疫力の持続期間が短いとされています。一方生ワクチンは獲得免疫力が強い反面、その病気にかかったり、アレルギーが起きやすいといわれています。本来ワクチンは一種類ずつ時間を空けて接種した方が安全ですが、費用や時間がかかり、子犬ではワクチンプログラムが終了するまでに6ヶ月〜1年を要すると社会化・運動不足などの弊害が多い為、幾つかの病原菌を組み合わせた混合ワクチンを接種することがほとんどです。

狂犬病ワクチン

日本の法律で唯一毎年一回の接種が義務付けられているワクチンです。生後90日以降の犬には全て接種しなければならず、同時に市町村に犬の飼育を届け、予防接種済み票と鑑札をもらい犬に装着しておく義務があります。狂犬病ウィルスは哺乳類全般に感染するウィルスで、一度発症したらほぼ死亡する恐ろしい感染症です。

任意ワクチンの接種時期

接種は任意ですが、感染症を防ぐために子犬は生後2〜3か月の時に一回、その後1か月空けて1回、さらに6か月後に1回接種します。成犬はその犬の環境に合わせて接種します。日本では慣例的に年1回の接種が多く、また多くの宿泊施設では5種以上の任意予防接種を1年以内に受けていることが宿泊の条件としています。

任意ワクチンの種類

任意ワクチンは1〜11種類程度販売されていますが、ほとんどの動物病院では5種以上の混合ワクチンが多いようです。

1種ワクチン

パルボウィルスワクチンで生ワクチンです。バンガードプラスCPV、ユーリカンP-XL、ノビバックPARVO-Cなどがあります。

2種ワクチン

レプトスピラ(カニコーラ・イクテロヘモラジー)用の不活性化ワクチンでノビバックLEPTO、ジステンパーウイルス・パルボウイルス用生ワクチンでノビバックPUPPY DPがあります。

3種ワクチン

ジステンパーウイルス・アデノウイルス1型・アデノウイルス2型の生ワクチン“京都微研”キャナイン-3があります。

4種ワクチン

ジステンパーウイルス・アデノウイルス1型・アデノウイルス2型・パルボウイルス用生ワクチン犬用ビルバゲンDA2 Parvo、レプトスピラ(カニコーラ・イクテロヘモラジー・グリッポチフォーサ・ポモナ)用生ワクチンバンガードL4 があります。

5種ワクチン

全てジステンパーウイルス、アデノウイルス1型、アデノウイルス2型、パラインフルエンザウイルス、パルボウイルスの5つの病原体です。生ワクチンではデュラミューンMX5、ノビバックDHPPi、ユーリカン5です。レプトスピラ(カニコーラ・コペンハーゲニー・ヘブドマディス・オータムナリス・オーストラリス)の不活性化ワクチンは“京都微研”キャナイン-レプト5が販売されています。

6種ワクチン

対象病原体は、ジステンパーウイルス、アデノウイルス1型、アデノウイルス2型、パラインフルエンザウイルス、パルボウイルス、コロナウイルスの6つで、“京都微研”キャナイン-6II、デュラミューンMX6、バンガードプラス5/CVが販売されています。

7種ワクチン

対象病原体は、ジステンパーウイルス、アデノウイルス1型、アデノウイルス2型、パラインフルエンザウイルス、パルボウイルス、レプトスピラ(カニコーラ・イクテロヘモラジー)の7つで、犬用ビルバゲンDA2PPi/L、ノビバックDHPPi+L、ユーリカン7が販売されています。

8種ワクチン

共通対象病原体は、ジステンパーウイルス、アデノウイルス1型、アデノウイルス2型、パラインフルエンザウイルス、パルボウイルスの5つです。その他に“京都微研”キャナイン-8は上記5病原体+レプトスピラ(カニコーラ・コペンハーゲニー・ヘブドマディス)、デュラミューンMX8は上記5病原体+コロナウイルス+レプトスピラ(カニコーラ・イクテロヘモラジー)、バンガードプラス5/CV-Lは上記5病原体+コロナウイルス+レプトスピラ(カニコーラ・イクテロヘモラジー)用のワクチンです。

9種以上ワクチン

全てに共通している対象病原体は、ジステンパーウイルス、アデノウイルス1型、アデノウイルス2型、パラインフルエンザウイルス、パルボウイルス、コロナウイルスの6つです。“京都微研”キャナイン-9は上記6病原体+レプトスピラ(カニコーラ・コペンハーゲニー・ヘブドマディス)、バンガードプラス5/CV-L4は上記6病原体+レプトスピラ(カニコーラ・イクテロヘモラジー・グリッポチフォーサ・ポモナ)、 “京都微研”キャナイン-11は上記6病原体+レプトスピラ(カニコーラ・コペンハーゲニー・ヘブドマディス・オータムナリス・オーストラリス)に対するワクチンです。

ワクチンの副反応

ワクチンは体に異物を入れる行為であり、多かれ少なかれ副反応が出る可能性があります。病原体そのものの毒性と、免疫反応をより強くするための基材(鉱物など)に対する反応があります。具体的には、ワクチンの有毒化(病気の発症)や注射した箇所の副反応としてワクチン注射をした箇所の腫れ、肉芽腫、痛み、脱毛、虚血性病変など、さらに全身症状として食欲不振、微熱、リンパ節の腫れ、脳炎、多発神経炎、関節炎などを発症することがあるので注意が必要です。また最も危険なのはアレルギー反応で、30分以内に起こることが多いアナフィラキシーショックでは死亡する可能性もあり、接種後30分は病院内あるいは病院の近くで待機し、そのような反応が出た場合にはすぐに治療を開始します。また次のワクチン接種の時は獣医師にその旨を告げ、あらかじめステロイドを注射するなど、予防措置をとります。発疹は2〜3日続く場合もあり、ワクチンを接種した時は強い運動を避け、2〜3日は十分に観察する必要があります。

まとめ

犬の予防接種は義務と任意の二種類があり、日本では狂犬病は義務であり一年に一回必ず接種しなければなりません。3,000円程度のところが多いようです、また任意接種の場合は成犬であれば犬の活動の範囲を獣医師と相談して選び、料金は5,000〜12,000円程度で種類が多くなると高くなります。

犬のワクチン、予防接種に関するQ&A

Q:狂犬病ワクチンは必ず接種しなければなりませんか?日本には狂犬病はないと聞きましたが。

A:日本では野犬の捕獲、輸出入動物の検疫などの措置を取り、さらに島国であって陸路から動物が侵入しにくいということもあり、1957年以降国内で狂犬病は発生していません。しかしながら、世界に目を向けると、2016年時点で狂犬病の発生報告がない「清浄国」は、日本やオーストラリア、ニュージーランド、英国や北欧の一部の国に限られています。狂犬病ウィルスは全ての哺乳動物に感染することがわかっており、近隣国である中国で年間2000件以上の発生が報告されていることから、いつ日本に持ち込まれるかわからないウィルスです。狂犬病ウィルスは一旦発病するとほぼ助からない感染症であり、水際で侵入を防ぐ必要があります。そのためには、人にもっとも近く、噛み付いてウィルスを感染させる恐れのある犬に狂犬病の予防接種を受けさせておくことは、とても重要です。

Q:狂犬病ワクチンを製造しているのはどこですか?

A:現在狂犬病ワクチンを製造しているのは、微生物科学研究所(狂犬病ワクチン-TC)、松研薬品工業(松研狂犬病TCワクチン)、日生研(日生研狂犬病TCワクチン)、化血研(狂犬病TCワクチン)の4社です。

Q:狂犬病ワクチンの副反応はどんなものですか?

A:狂犬病に関わらず、ワクチンを接種した後に何らかの反応が出ることがあります。一番危険なのは接種後30分以内に概ね発生すると言われているアナフラキシーショックです。ワクチンに対するアレルギーが急速に起こり、咽頭浮腫などが起こると、呼吸困難で短時間に死亡することがあります。この場合速やかにステロイド注射などの措置を行う必要があります。したがって、予防接種をした直後は移動せずに、車の中や病院内で30分程度待機して様子をみます。このような急激な症状に対応するため、予防接種は午前中に受けることをお勧めします。そのほかに免疫介在性溶血性貧血なども報告されています。

Q:狂犬病ワクチンはどの会社のものが副作用の割合は同じですか?

A:農林水産省動物医薬品検査所の副作用データベースによると平成19年4月1日〜平成29年4月1日まで狂犬病ワクチンの副作用についてのデータベースでは全体で約200件程度副作用が報告されています。これはあくまでも獣医師からの報告に限られ、予防接種を実施した全ての犬について調査されたわけではありません。4社のワクチンもどの程度使われているのかわからず、正確な割合を出すことはできませんが、データベースからは概ね大きな差異はないと考えられます。

Q:狂犬病ワクチンの副作用を起こしやすい犬はいますか?

A:狂犬病ワクチンを受けた全ての犬に関して調査を行なったわけではないので、副作用を起こしやすい犬というのは定かではありません。しかしながら、過去5年の死亡例を検証すると、概ね10歳以上の高齢・小型犬に死亡例が多いことが挙げられます。予防接種後すぐに移動し、その後獣医の診察を受けずに死亡した例もあります。

Q:狂犬病の予防接種を受ける際の注意点を教えてください。

A:犬の体調がいい時に受けるのが大切です。また接種後30分は獣医の治療がすぐに受けられる時間、場所を選びましょう。高齢犬の場合、持病なども考慮して接種の有無を獣医と相談することが必要です。また、自治体が主催する公園などでの集団接種では知らない場所や知らない人、嫌がっている他の犬を見るなどは犬にとってストレスになり、それが引き金となって予防接種の副作用が出る可能性があります。以上のことを勘案した場合、かかりつけの動物病院で体調の良い日に獣医師の診察を受けてから接種することをお勧めします。費用も大きくは変わりません。

Q:移行抗体とは何ですか?

A:母親の子宮内は無菌状態であるため、子犬には細菌やウィルスに対する免疫力がありません。出産直後に出る乳を初乳といいますが、この初乳には子犬を細菌やウィルスから守る免疫グロブリンが高濃度に含まれています。この免疫グロブリンは飲んでから12時間程度で子犬の血液中に移行し、しばらくの間子犬を守ります。

Q:移行抗体はいつまで有効ですか?

A:移行抗体の量や強さは常に一定ではなく、母親の健康・栄養状態によっても大きく変わります。また最初に生まれた子犬は初乳を多く飲んでいるため、最後に生まれた子犬より移行抗体が多い可能性があります。また、様々な抗原に対する抗体量は一定ではなく、また半減期(力が半分になる時間)も一定ではありません。しかしながら、概ね2ヶ月頃には最初の力の2割程度まで減少すると言われています。

Q:子犬の時にワクチンを複数回接種する意味を教えてください。

A:これは先ほどの移行抗体の力価と密接に関係しています。移行抗体は子犬自身が免疫を獲得するまでのつなぎの免疫です。この移行抗体が活躍している時期にワクチンを接種しても、速やかに無効化されてしまい、子犬自身が免疫を獲得することができません。また、移行抗体の失活時期もその子犬や母親、細菌やウィルスの種類によって異なるため、いつからと規定することができません。したがって、ある程度移行抗体の力が減少すると思われる生後2ヶ月ごろからワクチンを接種し始めます。さらに移行抗体よるワクチンの無効化を勘案し、約1ヶ月後にもう1度、あるいは2度接種します。出産直後に母犬が死亡してしまったり、乳を飲ませることを拒否したり、あるいは未熟児などで乳を飲む力がなく人口哺乳が必要になった時など、初乳を飲むことができなかった場合は、外から細菌やウィルスを持ち込まないように特に無菌状態に保つ必要があり、早めに予防接種をします。

Q:我が家の犬は小型犬で家から出さなくても大丈夫と購入時にペットショップで言われました。予防接種は必要ないですよね。

A:ウィルスは人間の手や靴に付着して家に侵入しますから、家の中だけで飼育していても感染の可能性があります。さらに、家の中だけではたとえ小型犬であろうとも運動不足になります。また犬は、外の臭いを嗅いだり気配を感じることで知的好奇心を満たすことができます。外を歩かせない飼い方は犬の習性を無視した飼い方と言え、むしろ虐待に当たります。予防をした上で外の世界に出してあげましょう。

Q:任意の予防接種には1〜11種類とたくさんの種類がありますが、多ければ多いほど効果的ですか?

A:たくさんの予防接種を一度にするのは飼い主さんにとっては、通院が一度で済むためありがたいことです。しかし、多くの抗原を一度に体に入れることは、犬の体に負担になることがあります。野山を歩くことが多いような地域と、アスファルトを中心に歩く都会では、感染する可能性のある病原菌が違っています。また西日本中心と東日本中心、北海道や沖縄などの緯度・経度の差による違いもあります。その地方で開業している獣医師が一番詳しいので、よく相談して決めることが重要です。また長距離の旅行などで地方に行くことを予定している場合などは、そのことを獣医師に申告して種類を決定します。

Q:任意の予防接種は必ず1年に一度接種しなければいけませんか?

A:任意ですから決まりはありません。生ワクチンは3年、不活性化ワクチンは1年ほど有効と言われますが、個体によって異なります。ホテルなどに預ける場合には1年以内の有効な証明書が必要なことが多いようです。過剰な接種を避けたいのであれば、抗体価をあらかじめ測定してから、足りないものを接種する方法もありますが、費用がかかります。

こちらもチェック!人気コンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ