管理人樹里

自然に毛が抜けないタイプの犬は、定期的にトリミングをしないと、汚れがつきやすくなったり、毛玉ができやすくなります。長く伸ばした状態をフルコートと言いますが、ショーチャレンジしているブリーダー以外は維持が難しく、家庭犬ではトリミングが一般的です。

トリミングが必要な犬種例

プードル(トイ、ミディアム、スタンダード)、マルチーズ、ヨークシャー・テリア、
ラサ・アプソ、シー・ズー、シルキー・テリア、シュナウザー、ピジョン・フリーゼなどが挙げられます。その他にも一定の長さには留まるものの、ある程度綺麗にトリミングしないと見た目が悪くなったり毛玉が目立つゴールデンレトリバーやパピヨンなどの長毛種なども定期的なトリミングで美しさを保つことができます。また体全体のトリミングは必要のない犬種でも、肛門周りや足の裏の毛は定期的にトリミングした方が衛生的でまた床で滑る事故も少なくなります。

トリミングを行う頻度

トリミングの頻度は毛の長さやスタイル、犬種、季節などによって違ってきます。毛の伸びる速度が速い犬は、遅い犬より頻繁にトリミングが必要で、犬種による差や個体差があります。トイ・プードルなどは月に一度くらいトリミングが必要なほど、毛の伸びが速い犬種です。

トリミングにかかる費用

地域や犬種、犬の大きさによっても変わりますが、概ねシャンプーだけなら3,000円から、カットだけなら5,000円くらいからが一般的です。トイ・プードルの例を挙げると、爪切りや肛門線絞り、耳掃除などを含めたフルコースで10,000円前後のところがほとんどではないでしょうか?体が大きく、さらにカットする場所が多いほど費用は上がり、スタンダードプードルなどは2〜3万円かかることも少なくなりません。犬のトリミング代は定期的に必要になるお金なので、予算を立てておくことが大切です。

トリミングの種類

犬のトリミングの種類は無数にありますが、飼育している数が多く、頻繁にトリミングする必要があるトイ・プードル、ポメラニアン、ヨークシャーテリアについてトリミングの種類を考えてみました。
●トイ・プードル
プードルはもともと鳥獣犬で水辺に落ちた獲物を回収するための犬でした。冷たい水から心臓と関節を守るためにその部分のみ毛を残し、他はもつれたりせず、濡れてもすぐに乾くように刈り上げられていました。その後小型化と同時に鳥獣犬からトイグループに入るようになったトイ・プードルは、愛玩犬としてトリミングが一種のファッションとして捉えられるようになってきました。トイ・プードルの中では「テディベアカット」が今一番人気で、クマのぬいぐるみのような雰囲気になります。その他には頭頂部にだけ毛を長く伸ばした「モヒカンカット」、頭にさらにボリュームを残した「アフロカット」、顔と足先の毛を刈り込む「ラム&ケネルプリップ」、顔と膝関節刈り込む「コンチネンタルクリップ」などがあります。ラム&ケネルクリップとコンチネンタルクリップは顔を刈り込むため、シャープなイメージになり、テディベアカットに代表される丸い顔のトイ・プードルとは印象が全く異なります。ドッグショーに出るためには必ずコンチネンタルクリップにする必要があります。
●ポメラニアン
ふわふわの毛が特徴のポメラニアンですが、最近は別の犬種に似せたカットを楽しむ人が増えています。「柴犬カット」はその名の通り、毛を短く刈り込み柴犬に似せたカットです。とても可愛いカットで人気です。「ライオンカット」は首回りと尻尾の先に毛を長く残したカットで、一風変わっていて注目を集めます。「サマーカット」は夏用に全体的に短くしますが、あまり短いと直射日光が有害になるので、2〜3センチに抑えるのがいいようです。「たぬきカット」は柴犬カットよりさらに丸い感じに仕上げるカットで、なかなか面白い雰囲気に仕上がりますので、他の犬と違う感じに仕上げたい人にはぴったりです。
●ヨークシャーテリア
シルキーなスチール系の色合いが魅力的なヨークシャーテリアは「動く宝石」と言われるほど、シルキーでやわらかな直毛に彩られます。その色合いは個体によって異なり、また成長するにつれて違った色合いになるのを楽しむことができます。ヨークシャーテリアのカットでは長く毛を残した「ロング」で頭頂部をクリップしてリボンなどつけるととても可愛いです。「ミディアム」は体と顔を短くカットし、頭と耳周りを長く伸ばします。「サマーカット」は耳以外をより短くカットしたスタイルで、全体的にシャープな仕上がりで、毛の絡みもなく、手入れのしやすいカットです。

まとめ

犬の毛のトリミングは、可愛く見せるだけではなく、毛がもつれて皮膚炎になることを防いだり、毛にゴミやダニやノミなどがつかないようにしたりするとても重要な役目があります。足の裏のカットなどは自宅で簡単にできますが、全体的なカットで可愛く見せるためにはやはりプロのトリマーにお願いするのが一番です。カットによって大きく印象が違うので、よく相談することがとても需要です。

こちらもチェック!人気コンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ