室内で犬を飼う場合に特に気になるのが、匂いです。犬は人間ほどには汗をかきませんので、毎日のようにシャンプーをする必要はありませんが、それでも定期的に洗ってあげないとやはり「犬」の匂いがしてきます。

室内で犬と遊んであげている時に、気になる匂いがしてくるとそろそろお風呂に入れてあげないといけないかな?という気になります。

お風呂に入るのが好きな犬もいるそうですが、大抵の犬は嫌がるのではないかと思います。我が家でも、犬をお風呂に入れてあげるとなると大騒ぎになります。

さて、犬を洗う際には石鹸やシャンプーを使いますが、人間用と犬用とどちらを使えば良いのでしょうか?

人間用は刺激が強すぎて犬の皮膚や毛にダメージを与えてしまうものがある一方、成分を表示する義務があるのでしっかりと調べれば安心して使えます。

犬用は、犬を洗うために開発されたシャンプーですので安心して使えますが、成分を表示する義務はないので何が入っているのかが分からないものがあります。

我が家では家族に肌の弱い者がいるので低刺激のシャンプーが常備されており、犬もそのシャンプーで洗っています。ずっとそのシャンプーを使ってきて今までは問題がなかったのですが、お風呂を上がって乾かしてあげた愛犬の様子を見ると何やら痒そうにしています。

見ると、痒そうにしている箇所に湿疹が…。後日、病院に相談に行ったところ、やはり原因はシャンプーではないかというのが獣医さんの見解でした。

人間も肌の質が変わることによってずっと使っていたシャンプーが肌に合わなくなることがありますが、犬も同じだそうです。別の低刺激のシャンプーに変えたところ無事に湿疹もおさまり、それ以来は愛犬に肌のトラブルは起こっていません。

犬にも人間のように肌に合うシャンプーと肌に合わないシャンプーがある、という体験談でした。皆さんも、愛犬の肌の状態に合わせて、適切なシャンプーで洗ってあげてくださいね。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ