管理人樹里

犬は定期的にシャンプーをしないと、臭いがきつくなったり、敷物が汚れたり、ひどい場合は皮膚炎になったりします。しかしシャンプーは犬にとってはストレスになるので、月に1〜2度程度でなるべく素早く行ってあげたいものです。シャンプーの種類や注意・留意点などについて解説します。

シャンプーの仕方

レトリバーなどの水が好きな犬種以外、犬のほとんどがシャンプーを嫌います。北方や乾燥地帯に住んでいた犬に、シャンプーの概念はありませんが、室内で人と暮らしている場合には、シャンプーは欠かせません。まず、犬をバスルームに連れて行き、肛門腺を絞ります。特に小型犬では自力で排出できない個体も多いため、必ず行います。次に耳に専用の洗浄液を入れて耳を揉むように洗います。洗浄液は犬が頭を振って自分で出しますので、終わったらそのままにします。洗浄液を入れるのを嫌がる場合には、洗浄液に浸したティッシュや脱脂綿などを入れて揉みこむと上手くいきます。頭をふると洗浄液が飛び散るので、自分にかからないようにします。耳を洗っている間にシャワーの温度調節をします。35〜37度くらいのぬるま湯に調節し、犬の体全体を濡らします。次にたらいにぬるま湯を張り、シャンプー液を垂らして泡立て、スポンジなどで全身を洗います。特に足の指の間やお尻の周りも念入りに洗います。顔は最後に丁寧に洗い、目にシャンプーの泡が入らないようにします。すすぎはシャワーヘッドを皮膚近くに当てて刺激を少なくしながら、シャンプー剤を徹底的に落とします。シャンプー剤が残っているとのちに皮膚炎を発症したりするので、注意が必要です。毛の長い犬はリンスをしますが、リンスもしっかりすすぎます。

乾燥

犬は水がかからなくなると、自分で体をプルプルさせて水滴を弾きとばしますので、飼い主にかからないように気をつけます。またバスルームから脱衣所に出た時にプルプルすることも多いので、脱衣所は余計なものをおかずに、後で水分をふき取れるようにします。放置すると、カビなどの原因になるので注意が必要です。乾燥の前にまずしっかり水分を拭き取ります。吸水性の良い拭き取り専用タオルも販売されていますので、上手に活用します。その後ドライヤーで乾燥します。あまり熱い風を当てると嫌がるので、ぬるい目の風で乾燥させますが、皮膚の中までしっかり乾燥するように、毛をかき分けながらドライヤーをかけるようにします。中途半端に湿っていると、脱毛したり皮膚炎になったりするので注意が必要です。毛が長い場合はコームやスリッカーブラシで梳かしながら乾燥すると、ふんわりと仕上がります。

シャンプー剤の種類

人用のシャンプーは犬の皮脂を多く除去してしまうので、犬専用のシャンプー剤を使用します。シャンプー剤には石油系、アミノ酸系、石鹸系などがあり、石油系は界面活性剤が主成分で、泡立ちや汚れ落ちが良い分、犬の皮膚には刺激が強いシャンプーです。アミノ酸系は皮膚と同じ弱酸性で、保湿量が高く、刺激が少ないシャンプーです。石鹸系は天然成分でできており、洗浄力が高いのが特徴ですが、使い始めは毛がパリパリすることもあり、好き嫌いが分かれるシャンプーです。

おすすめシャンプー剤

ビルバックアデルミルシャンプー

低アレルギーせいで皮膚を保護するための必須脂肪酸や保湿性を向上させるセラミドを配合し、石鹸成分を含んでいません。無香料です。

ヨロチコシャンプー

皮膚の弱い犬のために開発されたシャンプーで、ノンシリコン、無添加、無着色、無香料です。抜け毛予防のためのアロエエキス、毛並みにハリを与えるハイビスカス葉エキス、地肌を引き締める効果があるローズマリーなど植物エキスが配合されています。

A.P.D.C.ティーツリーシャンプー

殺菌効果のあるティーツリーエキスをメインに作られた高い消臭効果を持つシャンプーです。各種オイルによりしっとりとした洗い上がりで、泡切れ、水きれも良いのが特徴です。

ノルバサンシャンプー0.5

膿皮症などを患うと動物病院で勧められることが多いシャンプーで、高い殺菌消臭効果を持つシャンプーです。低刺激で細菌やカビ類の繁殖を抑制するシャンプーです。やや価格は高めです。

ゾイックNパピドールシャンプー

子犬や皮膚の弱い犬にも安心して使える低刺激性シャンプーです。フルーツの香りで洗いながら皮膚を正常な状態に維持し、さらに毛の長い子はふわふわの洗い上がりです。

薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー

抗菌性の高い薬用シャンプーで、低刺激でほとんどの犬に適応可能なシャンプーです。ノルバサンシャンプーと同じコンセプトで価格は安めです。

まとめ

犬のシャンプーは人ほど頻繁に行う必要はありませんが、汚れた時や臭いがきつくなった時には、シャンプーを行う必要があります。特にフレンチブルドッグやパグなど、皮脂が多い犬種は、他の犬種より頻繁(週1〜2度)に行う必要があります。犬は人より皮膚がデリケートであり、低刺激性シャンプーを選ぶようにすることが重要です。

犬のシャンプーに関するQ&A

Q:シャンプーを泡立てるといいと聞きましたが何故ですか?うまく泡立てるにはどうしたらいいですか?

A:シャンプーの主成分は界面活性剤です。界面活性剤は油と水の両方に付く性質を持っているので、皮脂などの油分と結合して水に溶けやすくする働きがあります。ですからシャンプーを使うと体の油成分が落ちるのですが、あまり濃い液を使うと、汚れ以外の皮脂も落としてしまい、乾燥などから体の表面を守れなくなります。そこでシャンプーを泡立てると、空気が中に入るのでシャンプーの体積が増え、少量でも犬の体全体に広げることができるのです。シャンプーを自分の手だけで泡立てるのはとても難しいので道具を使いましょう。100均のお風呂用の泡立てスポンジは上手に泡立てることができます。そのまま洗えるのでとても便利です。もっと泡立てたい場合には、クリーム用の泡立て器を使うと簡単です。近年は泡で出てくるシャンプーもあるのでそれらを上手に使いましょう。

Q:シャンプーが嫌いで、お風呂場まで連れて行くだけで大変です。

A:犬にはもともとシャンプーの概念がないので、多くの犬はあまりシャンプーが好きではありません。何事もですが、少しずつ慣らすことが重要です。まずお風呂場まできたらおやつをあげることから始めてみましょう。すんなり風呂場まできたらシャワーの水を出してみる→片足だけ洗う→四肢を洗う→背中を洗う→お腹を洗う→顔を洗うなど少しずつ段階を踏んでいきましょう。我慢したらおやつをあげてください。シャワーはできるだけ犬の皮膚に近いところで当てると刺激が少なく、すぐにブルブルして水しぶきを飛ばしてしまう子にはバスタオルを体にかけながら洗うと良いでしょう。

Q:シャンプーの頻度はどのくらいですか?

A:犬の状態によって違います。夏場などは膿皮症が増えるのでこまめな薬用シャンプーが必要になる場合があります。泥汚れなどでは必ず洗わなければなりませんし、冬場はずっと洗わなくても大丈夫な場合があります。一方で、冬場は空気が乾燥している地域も多く、白い毛色の犬などは静電気で埃を吸い寄せて黒ずんでくることもあります。この場合、静電気予防効果のあるリンスを使うと改善する場合があります。また夏場などに海や川で泳がせる機会があるかと思いますが、泳ぐ前にはブラッシングをして余分な毛を落としておく、帰宅したら必ずシャンプーをしてください。海の塩分やミネラルも皮膚炎の引き金になる場合があり、川の水は見た目よりずっと汚れていることを忘れないようにしましょう。特に川遊びの場合には、ヒルや毒虫などがついていないか、家にあげる前に十分点検しましょう。

Q:肛門線絞りは必ずしなければなりませんか?

A:肛門線は犬独特の臭いを持つ液を作る場所で、それを溜めておく場所が肛門嚢です。通常は便を出すために力んだ時に一緒に液が排出されるため、それほど溜まることはありません。しかし、力の弱い小型犬の場合、力んでも自力で排出されないことがあり、そこに細菌感染などを起こすと肛門線及びその周囲が炎症を起こす場合があります。その場合には周囲が赤くなったり、触ると痛がります。治療には抗生物質などの内服と共に、ひどく化膿している場合には切開することもあります。大型犬でもこれらの感染は起こりうるので、日頃からよく観察しておきましょう。

Q:ノルバサンシャンプーとはどういうものですか?

A:医療用殺菌剤であるクロルヘキシジン酢酸塩を配合しています。クロルヘキシジンは臭気のほとんどない、低刺激性の殺菌剤で、使った時だけではなく、皮膚においては比較的長く殺菌効果が続くのが特徴です。効果があるのは、ググラム陽性菌、グラム陰性菌、真菌の一部、ウィルスの一部になります。ノバルサンシャンプーは1973年にアメリカの会社から発売されたもので、長年獣医やトリミングサロンで使われている、比較的安全なシャンプーです。梅雨から夏にかけて頻出する膿皮症などの治療の他に、ある程度効果が持続することから、予防的に使うこともあります。アレルギーなどの報告もあることから、自己で判断するのではなく、獣医師と相談しながら使うことをお勧めします。粘膜には使わない方が良いとされているため、目に入ったり、犬に舐めさせないよう気をつけましょう。保湿成分が入っており、コンディショナーなどは不要です。

Q:マラセブシャンプーとはどういうものですか?

A:マラセブシャンプーは上記ノルバサンシャンプーに配合されているのと同じクロルヘキシジンのグルコン酸塩とマラセチアにより効果の高いミコナゾール硝酸塩を含んでいる、薄茶色の粘り気のある薬用シャンプーです。マラセチアは酵母の一種である真菌で、人の皮膚や毛髪にも存在する常在菌です。犬の場合にも常在的に存在し、他の悪い菌が増殖しないように皮膚を守っていますが、過度の湿気や皮脂の過剰分泌などにより増殖過多になって、アレルギーなどを引き起こしてしまいます。痒みや発疹、耳では黒っぽいベタベタの耳垢などが特徴で、掻きむしったりすると皮膚が厚くなったり、さらに二次感染を引き起こしたりします。マラセブシャンプーの使い方は、1日1回、3日以上あけて週2回が標準で、塗布した後、10分間そのままにし、その後よく洗い流します。犬がシャンプーをなめると、呼吸障害などショックを起こす可能性があるため、シャンプーを使っている間は目を離さないなどの注意が必要です。目や耳には使ってはいけません。

Q:シャンプーには石鹸系やアミノ酸系、高級アルコール系などたくさんの種類がありますが、どのようにして作られますか?

A:皮脂などの油汚れを落とすために必要な成分は界面活性剤です。界面活性剤とは、油を吸着する部分(疎水性)と水に溶ける部分(水溶性)を含んだ物質で、 疎水性部分で皮脂などの水に溶けない汚れを肌からはがして、水に流れるようにするものです。界面活性剤には天然界面活性剤と合成界面活性剤があり、天然物にはカゼイン・レシチン・サポニンなどが界面活性剤として使われます。石鹸系、脂肪酸エステル系、アミノ酸系、高級アルコール系、石油系などの界面活性剤はすべて化学合成で作られます。原料から大別すると、天然物、石鹸系、脂肪酸エステル系、アミノ酸系が天然系界面活性剤、主に高級アルコール系、石油系が石油系界面活性剤と呼ばれます。天然物の界面活性剤はマヨネーズなどの乳化剤に使われることが多く、シャンプーにはほとんど使われません。石鹸系は天然の油脂に苛性ソーダを反応させて、石鹸とグリセリンを得る方法と、脂肪酸から苛性ソーダで中和して作る方法があります。比較的強いアルカリ性のため、乾燥肌やアトピー肌には向いていません。脂肪酸エステル系は脂肪酸とグリセリンから合成され、アミノ酸系は石鹸のナトリウムと脂肪酸の間にアミノ酸が挿入されたものです。高級アルコール系は名前の通り高級アルコールから作られるもので、市販のシャンプーの主剤となることが多いものです。石油系は石油を原料として作られた界面活性剤です。今までのところ、アミノ酸系がもっとも低刺激であると言われています。

Q:人のシャンプーを使ってはいけませんか?

A:通常被毛で守られている犬の皮膚の厚さは人の5分の一とも言われ、洗浄力の強い人用のシャンプーでは、必要な皮脂まで洗い落としてしまうと考えられます。必要な皮脂が不足するとフケやかゆみの原因になりますので、犬専用のシャンプーを使い、洗い過ぎないようにしましょう。

こちらもチェック!人気コンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ