細菌やウィルスなど生物の健康を脅かす病気などに対応するために存在する免疫機構が、食べ物やハウスダストなど、普段の生活の中で無害と思われるものや、農薬や薬、予防注射の基材、金属などへの過剰反応をアレルギーといいます。アレルギーを起こすと、皮膚炎やフケ、目のかゆみや充血、嘔吐や下痢などが起こります。アトピー性皮膚炎もアレルギーの一種です。アレルギーの原因とアレルギー検査、予防・治療法を解説します。

アトピー性皮膚炎の症状と原因

かゆみを伴う皮膚炎を起こすことが多く、丘疹、膨疹、紅斑などが見られます。アトピー性皮膚炎になりやすい犬種としては、柴犬、シーズー、シェットランドシープドッグ、ゴールデンレトリバー、ウェストハイランドホワイトテリアなどが挙げられます。概ね3歳までの若いうちに発症することが多く、慢性的な皮膚炎が起こります。起こりやすい部位としては、目や口の周り、耳、指の間(趾間)、脇の部分や大腿部の外側、会陰部や鼠蹊部を含む腹側や背中などがあります。アトピー性皮膚炎の原因は、遺伝的な体質であるほか、ハウスダスト、カビ、花粉などがアレルゲンとなることが多いようです。

アトピー性皮膚炎の治療と予防

アトピー性皮膚炎は強いかゆみを伴い、犬が掻き壊して細菌などの2次感染を引き起こしていることがあります。かゆみ止めや炎症を抑える薬で治療していきますが、近年はインターフェロン療法も一定の効果あるといわれています。何に反応しているかの抗体検査を受けてアレルゲンがはっきりしている場合には、そのアレルゲンを生活圏内から除去することによって皮膚炎も軽減します。

食物アレルギー の診断と治療

病変部が顔面や背中、肛門の周りや指の先の方に見られたり、1歳前から発症し、症状に季節性がなく、下痢や軟便など胃腸障害も伴っている場合には、食物アレルギーが疑われます。一般的にはドッグフードを食べている犬に多いとされていますが、手作り食でも、アレルギーを発症することがあります。食物アレルギーの検査には、アレルゲン特異的IgE抗体を調べたり、IgE抗体ではわからないアレルゲンに対してはリンパ球反応検査などを行います。食物アレルギーの場合は、その原因がはっきりしている場合には、除去食を用いてアレルギーが発症しないようにします。しかし、食物アレルギーは1種類ではないことが多く、あまり厳密にしてしまうと栄養を著しく毀損し、かつアトピー性皮膚炎なども併発していることが多く、簡単には治癒しないことが多い病気です。重症の場合にはステロイドなどを使用しながら、獣医師の指導の元で症状をコントロールしていきます。ステロイドを使用する場合には、効果が出たら減薬をしていきますが、投与より減薬の方が難しいといわれており、飼い主の勝手な判断で投薬を中止すると重篤な副作用が出ますので注意が必要です。

アレルギー検査の種類と費用

犬のアレルギー検査は採血で行います。主にIgE抗体検査とリンパ球反応検査があります。アトピー性皮膚炎の場合にはIgE抗体検査ではっきりする場合も多く、食物アレルギーではIgE抗体に反応しないアレルゲンがリンパ球反応検査で見つかる可能性があります。検査費用はおよそ20,000〜30,000円程度が多いようです。しかし、血液検査で必ずしもアレルゲンが見つけられるとは限らず、費用も高いため、獣医師とよく相談してから検査を受けるようにします。

アレルゲンとなりやすい物質

世界中の全ての物質に対してアレルギーがあるかどうか調べることは不可能であり、犬の身の回りに比較的多いものを推測して検査を行います。節足動物ではヤケヒョウヒダニ、コナヒョウダニ、ノミ、蚊、ゴキブリなど、雑草ではヨモギ、オオブタクサ、アキノキリンソウ、タンポポ、フランスギクなど、樹木ではスギ、シラカンバ、牧草ではカモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、ホソムギ、ギョウギシバなどのアレルゲンを調べることができます。また食物としては、鶏肉、豚肉、牛肉、卵白、卵黄、牛乳、小麦、大豆、トウモロコシなどがアレルゲンになりやすいといわれています。

除去食

食物アレルギーの場合、下痢や軟便などの胃腸障害も併発することが多く、また1歳までの成長期に発症すると成長に支障をきたすことがあります。そのためアレルゲンとなる食物を除去した除去食として羊肉、七面鳥、アヒル、サケ、タラ、ナマズ、シシャモなどをタンパク源としたドッグフードが販売されています。また小麦や大豆、トウモロコシなどを含まないドッグフードも発売されており、比較的アレルギーの少ないジャガイモや米がエネルギー源として使われています。

アレルギーの予防

アレルゲンに触れさせないことが一番で、掃除をこまめにしたり、空気清浄機を設置する、シャンプーをこまめにする、一つのドッグフードだけを食べさせないなどの工夫で予防することもある程度は可能ですが、万能ではありません。また湿度が低い時期はある程度加湿したり、乾燥予防剤を塗ることで皮膚炎の増悪を防ぐことが出来る場合があります。

まとめ

犬も人と同じくアレルギーを発症します。皮膚炎が起きていたり、痒がっていたら早めに動物病院を受診し、慢性化しないうちに治療することが重要です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ