子供の頃から、犬が大好きで1匹ずつ、計3匹を赤ちゃんの頃から育てました。初めて飼ったのが小学4年生の時。マルチーズのオスだったのですが、見た目に似合わず、大暴れする子で私はしつけどころではありませんでした。うちに来たのは3か月の頃、ブリーダーより購入したのですが、今思えば、購入する時期が遅かったように思えます。ブリーダーの方がおしっこなどのしつけ済みで、多くのしつけをしないで済みました。しかし、とても元気で服を引っ張ったり、足を噛んだりとなかなかしつける事ができませんでした。

私もまだ子供だったため、しつけをされる対象ではなかったのでしょう。次に飼ったのもマルチーズだったのですが、近所の人に譲って頂き、2か月もならない時にうちへやってきました。この子は最初からのしつけでした。とにかく、おしっこが大変で、夜泣きもひどかったです。まずは、家の中でおしっこをしてはいけない事を教えました。おしっこをした場所に連れていき、おしっこが顔につくくらいの距離で叱りつけ、シートでおしっこができた時や散歩でおしっこできた時はとにかく褒めまくりました。

かなり、根気のいる作業でしたが、一度も許す事なく行いました。一度でも見逃すと犬自身がわからなくなると思ったからです。すると、おしっこシートでするわけではなく、窓を開ける動作をするようになりました。窓を開けると、庭でおしっこをして帰ってくるのです。

また、お留守番をさせた時、おしっこシートを準備していないとお風呂場や玄関でおしっこをするのです。できるだけ部屋ではおしっこをしないように、おしっこを我慢しながら探し回ったんだろうな~と考えると胸がキューッとなりました。他のしつけも比較的うまくいったのですが、3番目に飼った血統証つきのマルチーズはそうはいきませんでした。しつけのため怒ると、たった2カ月の赤ちゃんなのに牙をむいて噛もうとするし、隠れておしっことうんちをするのです。

しかも、ウレション体質でした。この子は始めから庭でトイレをさせるようにしつけたのですが、窓の前でおしっこしたり、うんちをカーテンの裏でしたり、どんなにしつけても失敗、もしくは怠けている感じです。帰宅するとウレションで玄関におしっこを撒き散らして、犬自身もおしっこだらけ。一番手のかかる子です。3匹飼ってわかるのは、人間と同じで個人差があるということです。

同じやり方で根気よくやったとしても、犬にも性格や限界があります。個々に合せたしつけが必要なのかもしれませんが、私にはできませんでした。2番目に飼った犬のしつけだけが成功と言っていいのかもしれません。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ