私は犬を飼っています。ヨークシャテリアですが、もうこの夏で15歳になりました。我が家へ来たときは、生後8ヶ月ほどでした。すごく小さくて今では想像がつかないくらいです。

家に来たばかりの頃、本当によく鳴いてました。吠えることはしませんでしたが、とにかく鳴いてましたね。相手してあげてない時間は、ずっとです。

あとは、とにかく噛む。私が1番噛まれていました。私は当時まだ小さかったので、噛まれるとすぐに泣いていました。泣いてると余計に噛んできてました。

鳴くのと噛むのをやめさせようということになり、本格的にしつけをすることにしたのです。私はしつけとはいっても具体的にどんなことをしたらいいのかわかりませんでした。

母親は、昔犬を飼っていたらしいので、知識を思い出して、しつけを始めていました。とにかく、悪いことをしてはダメというのを何かをわからせました。悪いことが何なのかをわかってないので、まずはそこからでした。

鳴いているときは、ダメだというのをしっかりと教えました。鳴いてるのは、まだ我が家に慣れていないからというのもあったので、これはすんなりとなくなりました。

あとは、噛み癖ですが、これを治すのに結構時間がかかりました。噛んだら怒る、噛んだらもう遊んであげないし、相手してあげないと伝えました。でも、噛まなかったときはご褒美をあげてしっかりと褒めてあげました。これを毎日毎日続けていたのです。

そうしていると、数ヶ月後には噛み癖が嘘のようになくなっていたのです。うちの子が特別聞き分けがよかったからなのかはわかりませんが、しつけすることでこんなに簡単に噛み癖が治るんだと驚きました。

よく、大きくなってからのしつけは大変だと言いますよね。なので、我が家にやってきてからすぐにしつけはしたほうがいいと思います。

早ければ早いほど吸収率が高くなるんだと思います。しつけと言っても、かわいそうなことは絶対にしないようにしてあげてほしいです。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ