犬のくしゃみが連続して起こることがあります。数回くらいなら特に気にしないと思いますが、ずっと続くと病気の兆候ではと心配になってきます。犬のくしゃみについて解説します。

くしゃみの原因

人と同じく犬のくしゃみは鼻に何かしらの異物が入った時に排出しようとして出るものです。しかし、単純に異物が入ったといっても、それがウィルスや細菌などの感染症やアレルギー性鼻炎、鼻の粘膜が老化や環境が乾燥しすぎて弱くなってしまっている時などが起こることがあり、区別するには注意が必要です。

ウィルスによる感染症

喉に何か詰まっているような咳やくしゃみをするケンネルコフは、伝染性でくしゃみをすることによる飛沫が飛び散り、同居犬やドッグランなどで他の犬にうつしてしまうことがあります。ケンネルコフに罹患すると、くしゃみや咳だけではなく、発熱などもあり、体力が消耗しているような老犬や、免疫力が十分ではない子犬では重症化し、肺炎などを引き起こす可能性があるので注意が必要です。また、犬ジステンバーウィルス感染症は、くしゃみ、咳、鼻水、嘔吐、下痢、神経症状などさまざまな病態を示します。ケンネルコフ同様くしゃみや咳などで飛沫感染し、予防注射前の免疫のない子犬や免疫力が弱まっている老犬では、死につながる恐ろしい病気です。子犬はワクチンプログラムが完了するまではドッグランなどで他の犬と接触させないなどの注意が必要です。老犬では咳やくしゃみをしているような他の犬には近づかない、保温をしっかりとして栄養をきちんと摂らせる、適度に運動させるなどの体調管理によって感染を防ぐことができます。さらに、犬伝染性肝炎は犬アデノウィルス1型ウィルスの感染により引き起こされ、最初はくしゃみや発熱などから始まり、重症化すると肝臓が繊維化してしまい、最終的に肝不全により死亡することもありますので、十分に注意します。肝炎になると、目や粘膜が黄疸で黄色になりますので、くしゃみが連続して起こる場合には、他の症状から判断することが必要です、

逆くしゃみ

通常のくしゃみが鼻から勢いよく息を吐くことに対し、逆くしゃみは鼻から息を勢い良く吸い込むことにより発作的に起こるくしゃみです。トイプードル・パピヨン・チワワなど小型犬に多いとされていて、何らかのウィルスや異物が鼻に入ったことによって起きると考えられていますが、確証は得られておりません。外部から見ると苦しそうですが、本犬はそれほどでもないことが多いようです。しかしあまりに長く続くようであれば他の病気も考えられるため、獣医の診察を受けます。

アレルギー性

人と同じように、犬の場合にも何らかの異物に対してアレルギーを引き起こしくしゃみが止まらなくなることがあります。アレルギーからのくしゃみであれば、抗原−抗体検査により、原因を探します。

鼻炎・副鼻腔炎

細菌やウィルスが鼻腔に感染して起きることがあり、くしゃみの他に鼻水や目やにが出ることがあります。犬の鼻水は通常であればサラサラで無色透明ですが、黄色や緑の粘土の高い鼻水が同時に出る場合には、鼻炎・副鼻腔炎の可能性が高く、2次感染を防ぐためにも動物病院で診察を受け、抗生物質などを処方してもらいます。

匂いの強い物

人にはあまり影響がなくても、鼻の良い犬にとって、香水や消臭剤などのスプレー、殺虫剤、タバコの煙などは強い刺激となり、くしゃみが止まらなくなることがあります。またアロマやお香、線香なども鼻を刺激してくしゃみが出ることがあります。犬の住環境の中では、あまり強い匂いを使わないようにすることが重要です。

鼻腔の腫瘍

鼻の中に何らかの腫瘍ができると、その刺激でくしゃみが止まらなくなる場合があります。同時に鼻血などが出る場合もあり、レントゲンや超音波エコー、CTなどの検査が必要です。悪性腫瘍の場合には、放射線治療や抗がん剤などを併用して治療していきます。

くしゃみの予防

まずこまめな掃除を行い、ホコリや花粉など、アレルギーを引き起こす物質を犬に近づけないことが重要です。犬は人より床に近く、またそのまま寝そべったりするので、特に床の掃除は念入りに行います。カーペットなどの奥にはホコリや花粉が溜まりやすいので、よく掃除機をかけることが重要になります。あまり強い香水や芳香剤などは犬には刺激が強すぎるため、犬の鼻が近づかない場所に移動するなどの工夫が必要です。またアレルギーがひどい場合には、空気清浄機などを設置すると、犬の臭いの除去にもなりお薦めです。湿度が低くなる冬場などには、鼻の粘膜が乾いてくしゃみが出てしまうこともあり、その場合には適度に加湿することで治ります。

まとめ

犬のくしゃみの原因や予防法などについて解説しました。犬の住環境は常に清潔に保ち、かつ予防注射などをしっかり行うことにより、くしゃみを伴う各疾病の予防を行うことが重要です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ