これまでに2匹の犬を育ててきましたが、最初の犬はプードルとパピヨンのハーフ犬であり、猫よりも体が小さくて元気いっぱいに家の中を毎日走り回っていました。ただあまりにもかわいいので甘やかせてしまったということがあり、人間よりも偉くなってしまったかのような態度を取るようになってしまったことはちょっと失敗でした。

そんな愛犬ですが、おもちゃでじゃれる姿を見たいと思い、ペットショップで、小さなボールでぬいぐるみのようなものを購入し、そのボールは押すと音が出るようになっているのですが、これを使って犬と遊ぶと、見事に犬がノッてくるのです。その音に反応してそのボールを欲しがるのですが、ズボンのポケットに入れて音を出すと、犬がにおいをかぎながらどこだどこだと、音がした付近を探し始めるのです。最終的にはズボンのポケットの中に顔を突っ込んできて、それが実にかわいいのです。またそのボールを遠くに放ると全力でダッシュして取りに行ってくれるのでそれもまた楽しいのです。

そんな愛犬も病気でなくなり、悲しみに暮れていると、やがてもう一度犬を飼いたくなり、今度はハーフ犬ではなくプードルそのものを買うことにしました。色は同じ黒で見た感じはとても似ているのですが、性格はかなり違っていて、その違いを楽しんでいます。そして犬用のおもちゃとして、以前使っていたボールで遊んでみようと思い押入れを探したのですが、どこを探しても見つからず、仕方がないのでホームセンターのペットコーナーで探すことにしました。

するとそのお店では音の出るものでぬいぐるみのような生地のものがなくて、ゴムでできているものしかなく、仕方なししそれを選ぶことにしてみました。そのボールでわくわくしながら犬が反応するかどうかを確かめようとしたのですが、なんと無反応なのです。音を出しても最初のときの犬のように反応してくれないのです。そのボールにじゃれることも、それを放り投げても追いかけることがなく、がっかりです。今回の犬には音の出るボールははずれだったようで別のタイプのものにチャレンジする予定です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ