我が家にはウェルシュ・コーギー犬がいます。メスなのですが、彼女のためにオモチャを探すのに苦労しました。大体が近所のホームセンターで見つけてくるのですが、布地をねじって輪っかにしたようなオモチャを最初は与えていました。するとあっという間にちぎってしまいました。犬というものは一度オモチャを加えると左右に激しく振る修正があり、うちの犬もそうでした。そのため、きちんと捻ってある布地のオモチャがすぐにボロボロになってしまい、家の中がゴミだらけになってしまったことがありました。

しかし、何とかこの子のために合ったオモチャを与えてやりたいと思い、家族全員で話し合った結果、一番いいものをいくつか見つけることに成功しました。

一つ目がゴムで出来た骨のオモチャです。これは精巧にできており、ガムになっているので味もついていますし、顎の筋肉を鍛える役割もあります。最近のドッグフードは柔らかいものも多いので、顎の力が弱まるということもあります。

次に与えたのはやはりゴム製の輪の形のオモチャです。何が彼女の嗜好に合ったのかわかりませんが、とにかく気に入ったようで、すぐに慣れて遊んでくれました。

最後に与えていて現在まで数年間遊んでいるのは、硬質ゴム製のピンクの輪のオモチャです。おそらく柔らかくもなく、ガシガシに固くもないような固さが気に入ったと思われ、現在ではオモチャが見つからないとすぐにキョロキョロし出して、探すぐらいにお気に入りのようです。

子犬の頃はフリスビーをよくお気に入りにしていました。広場に行ってフリスビーを投げると本当に嬉しそうにしていたことを覚えていますが、高齢になった現在ではなかなかそういった運動性の高いオモチャを与えるわけにはいきません。オモチャを選ぶ際にはそういったこともよく考えてから行わないといけないのです。コーギー犬は胴が長いのであまり腰に負担をかけるとヘルニアになるため、犬の腰のことを考えたりなどしてあげる必要があります。

ご自分の飼っている犬の体型と年齢を考慮してオモチャを選ぶ。これこそが良い飼い主と言えるのではないでしょうか。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ