日本に昔からいる小型犬を固定化したもので、柴とは小さいという意味であるといわれています。昔は狩猟などにも使われ、勇敢で自立心に富んだ犬として日本人だけではなく、海外でも広く愛されています。柴犬について解説します。

犬種の特徴

短く密な茶色いダブルコートです。トリミングは特に必要ありませんが、換毛期には大量の毛が抜けます。顔は若干尖っていて、立ち耳です。

性格と飼いやすさ

飼い主に忠実な反面、頑固でしつけが入りにくいといわれています。欧米から輸入された犬種とは異なり、喜怒哀楽がわかりにくい一面を持っています。もともと狩猟に用いられていた経緯から、気質は勇敢で、他の犬と仲良く遊ぶタイプは少ないようです。頑健で日本の風土に良く適応するため、外飼いも可能な犬種です。

かかりやすい病気

頑健で特段の病気をしないと言われていますが、皮膚が弱く、アトピー性皮膚炎を発症することが多いといわれています。ドッグフードを厳選するとともに、シャンプーなどで濡れた時に、皮膚まで完全に乾かすのを怠ると、皮膚炎になることがあるので注意が必要です。

まとめ

日本で古くから飼われている、根強い人気を誇る柴犬ですが、独立心旺盛で、頑固な面があり、しつけには根気が必要です。また飼い主とその家族には忠実ですが、他の人や犬を寄せ付けない部分があるため、不用意に他の子供や犬などに近づけないよう、注意が必要です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ