管理人樹里

日本では小型犬が圧倒的に人気であり、大型犬は住宅事情などもあり飼育が難しいと考える人が多いようです。大型犬の場合、移動は必ず車が必要ですし、餌代や病院代も高額になります。力も強く、万一噛まれた場合は人が死亡することもあります。しかし、大型犬は小型犬にはない犬という存在の魅力があります。ここでは大型犬を飼うというのはどういうことか、大型犬の飼育の魅力とはについて書いてみます。

そもそも大型犬とは

小型犬、中型犬、大型犬、超大型犬の明瞭は線引きはありません。体重が10キロ以下は小型犬、11〜25キロくらいが中型犬、26〜35キロくらいが大型犬、それ以上が超大型犬と分類されることが多いかもしれません。また犬種で決まっているものもありますが、個体によりスタンダードと呼ばれる基準から大きく外れることもあり、必ずしも明瞭ではありません。見た目が大きそうであれば大型犬であり、白っぽい犬より黒っぽい犬、短毛より長毛のほうが大きく見えます。26キロを超えた犬はほぼ大型犬といえるのではないでしょうか?犬を捨てる理由の一つに「こんなに大きくなるとは思わなかった」というのがありますが、それは犬のせいではなく、人が悪いのです。成犬で大きくなる犬は子犬の時に四肢が大きいのですぐにわかるのですから。

スペースがないから

犬にとって家は大きな犬小屋であり、外は無限ですから、家の広さは関係ありません。庭も必要がありません。最近は敷地内で排泄を済ませる方が良いと考えられていますから、排泄場として一メートル四方程度の土地があれば十分です。家の中も狭いなら、ケージなどで飼うことが十分に可能です。もちろん外に連れ出す時間は十分に取る必要がありますが。家の中で自由にさせて飼うのであれば、多少の広さは必要です。筆者は以前旅行で6畳の部屋に大型犬2匹と宿泊したことがあるのですが、部屋の真ん中にコタツがあったため、歩くたびに犬が邪魔で、さすがに6畳一間で大型犬2匹は飼えないな、と思いました。8畳は欲しいですね。

かかる費用

小型犬に比べて、全てが高額です。3キロの小型犬と30キロの大型犬の場合、かかる費用は10倍にはなりません。約3倍というところではないでしょうか?しかし、毎日の食事、動物病院の代金、医療保険の掛け金など、じわじわとお金がかかるのはやむおえません。大型犬を飼育する上で一番の問題は費用だと思います。

散歩は大丈夫?

これはしつけ次第としかいいようがありませんが、もともと小型犬でも引っ張る犬はいるし、大型犬でも全く引っ張らない犬がいます。ただし、小型犬に引っ張られても大したことはないのに比べ、大型犬に引っ張られると事故になりかねないという違いがあります。散歩で引っ張らせないためには、引っ張ったら歩かない、それだけです。逆の方向に行くのもいいでしょう。犬は首の筋肉が発達しており、多少飼い主を引きずりまわしても平気です。しかし、飼い主がついていかなければ、大人の人間を荷物として引きずって長時間歩くことはできません。ただし、ハーネスは人を荷物として引きずることができるので、しつけの入っていない大型犬にハーネスは危険です。また子供には決してリードを持たせないでください。とっさの時に子供が重大な怪我をすることがあります。

噛まれないか?

犬の噛みつき事故はほとんどが犬の恐怖心から生まれます。したがって、噛み付く割合は小型犬の方が多いのですが、大型犬に噛まれると生死に関わるのも事実です。大型犬の飼育で重要なのは、子犬の時期に他の犬と遊ばせることです。子犬は3ヶ月までにその攻撃性を全て使い果たすと言われるほどで、この時期に十分に他の犬と遊ぶことにより内在している攻撃性を消費し、さらに強く噛んではいけないことを学習します。したがって、この時期に親兄弟と一緒に過ごさせることがとても重要です。強く噛むことの抑制を身につけた犬は、生涯にわたって強く他の個体(人も含めて)を噛むことがありません。噛むという明瞭な意志を持って噛む犬は、噛んだ後に首を振ります。これは非常に深刻な事態で、その犬の飼育自体を諦める必要もあるかもしれません。そのような事態にならないためには、子犬のうちの社会化としつけが重要です。力の暴力ではなく、気持ちのエネルギーで犬を制御することが必要です。

歯を当てる

犬は嫌なことであることの意思表示として、歯を当てることがあります。特に子供などにしつこく乱暴な扱いをされると、嫌だという意思表示をするために、自分の歯を当てることがあります。これは決して噛んでいるわけではなく警告なのですが、大型犬になるとそれだけで青あざができるほど痛い時があります。犬が他の犬に対して嫌であることの意思表示です。したがって本気で噛む場合と、歯を当ててる場合をキチンと理解してあげるようにします。ただし、どんな場合でも人と犬とでは皮膚の構造が違うため、人に歯を当てることは許されない事を教えるようにします。「痛い」と低く強くいい、歯を当てられた部分を犬に差し出して「いけない」と注意します。決して騒いだり、高い声を出してはいけません。

運動

大型犬であろうと、小型犬であろうと、犬には運動が必要です。

大型犬の寿命

残念ながら大型犬の寿命は小型犬の寿命より短いのが一般的です。しかしながら、生きている時間を精一杯一緒に過ごすことができるのならば、長さは関係ないのです。

まとめ

大型犬と一緒に生活できるのは、どんなに長くても15年を超えることは難しいでしょう。早ければ5年くらいかもしれません。しかし、彼らの与えてくれるものは大きく、飼い主が生まれてきた意味さえ教えてくれる存在です。大型犬の速すぎる時間を大切に一緒に生きていきたいものです。

こちらもチェック!人気コンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ