飼っている犬の調子が悪くなったとき、動物病院に連れて行きました。いつも行っているところは同じです。歩いてそんなにかからないところに連れて行っています。

実は、割と近所なのにここに動物病院があるということを知りませんでした。表の通りでないですし、確かに分かりにくいかもしれません。

それに、わざわざ通る道でもないのです。正直言うと、何故ここに作ったと言ってしまいたくなるくらいです。ではあまり人が来ないかというと、そういうわけでもありません。

わけが分からないくらい混むということもないのですが、誰も来ないというかんじはありません。利用する側としては、混まないのは嬉しいですね。

先生は、凄くいい人です。こっちの言うことをちゃんと聞いてくれますし、雑な感じもしません。実は以前通っていたところは先生が少し冷たいかんじがして嫌な思いをしたことがあったので、友人にいい動物病院はないかと聞いて、ここを紹介されたのです。

最初は本当に緊張しましたし、ここで大丈夫だろうかと不安に思ったのは事実です。ですが、友人の言うことを信用してよかったです。今は本当に安心して先生に診察してもらうことが出来ます。

動物病院はどこも一緒かもと思っていた時期がないとは言いません。ですが、ここに通い始めて、病院によって全く違うということを知りました。動物病院に来た飼い主さんとお喋りしたり情報交換をするのも楽しいです。

以前はそんなこともなかったので、貴重な経験だなと感じています。また、看護師さんや受付の人も明るくて好感をもてます。とにかく、非の打ち所は今のところないですね。

説明も対応も丁寧ですし、病院の中も綺麗です。嫌だなと思ったことが、そういえばないかもしれません。ですので、今通っている動物病院に不安を抱えている人は、いっそ変えてみるという選択をとってもいいかもしれません。そのほうが安心して診てもらえますし、何かあったとき安心です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ