特徴

犬の腸内環境の健康を考え、栄養価が高く消化吸収のよい素材を厳選し、消化が苦手な穀物を一切使用せず、3種類の肉をそれぞれに使い、食物アレルギーに負けない体を作ります。特にラム、ターキーはたんぱく質37%以上を実現しています。

原産国

アメリカ合衆国

主要原材料

ラム、ターキー、フィッシュです。です。

商品ラインナップ

●ラム
アミノ酸バランスに優れ、L-カルニチンを食肉では一番多く含み、コレステロールも低く、ビタミン、ミネラルの豊富な食肉です。
●ターキー
他の食肉に比べ、脂肪、コレステロールが少なく、鶏肉アレルギーの犬に最適です。鶏肉に比べ、セレン等ミネラルを多く含みます。
●フィッシュ
動物たんぱく源としてホワイトフィッシュのみを使用し、複数のたんぱく質の摂取を避けたい犬に最適です。血液サラサラ成分であるEPA、脳や目の健康維持に効果的なDHAを多く含み、抗酸化作用を持つアスタキサンチンによるアンチエイジング効果も期待できます。
1kgおよそ2,000円です。

リガロについてまとめ

動物性たんぱく質を定期的に変えるローテーションフードという考えのもと、アレルギーを発症しないための食生活を考えたドッグフードで、ラム、ターキー、フィッシュの3種類から動物性たんぱく質を選ぶことができます。

リガロの評判・口コミ

飼い主口コミ

リガロのドックフードで元気になっています
我が家にいるワンちゃんは高齢のせいか、最近エサをあまり食べなくなりました。
食が細くなると色々な病気にかかることがありますので心配していました。
そこでインターネットを使って、ドックフードについて調べました。
その時に出会ったのが、リガロのドックフードです。
リガロのドックフードは、ワンちゃんの消化吸収にこだわっているみたいですね。
ワンちゃんの消化に良い生肉を主原料に使っています。
これなら家のワンちゃんにもいいかなと思い、与えることにしました。

最初の方は様子を見ていたのかあまり食べませんでしたが、数日後には食べてくれるようになりました。
リガロのドックフードを与えだしてから、ワンちゃんが日に日に元気になっていくのが分かりました。


飼い主口コミ

リガロは栄養価が高いので気に入っています
ワンちゃんの体にいいドックフードを探していた時に、ペットショップのおじさんからリガロを紹介してもらいました。
リガロのドックフードは、動物性、植物性、それぞれのたんぱく源が豊富に入っているので、動物の体にもいいそうです。
ペットショップのおじさんがすすめてくれましたので、試しに購入してみました。
そして前に残っていたドッグフードに混ぜて与えてみました。
すると、私が与えたフードを全て食べてくれました。

リガロのドックフードは価格も手頃でボリュームがあるので、その日からワンちゃんの主食に決めました。
今は毎日残さず食べています。
リガロのドックフードは栄養価が高いので、どのようなワンちゃんでも大丈夫だと思いますよ。
みなさんのところのワンちゃんにどうですか?


飼い主口コミ

リガロのドッグフードを気に入っています
ペット雑誌を見ていた時に、リガロのドッグフーの記事を見つけました。
リガロのドックフードは、ワンちゃんの健康を一番に考えて作っているそうです。
そして家のワンちゃんにもいいかなと思い、近くのペットショップで買ってみました。
家にいるワンちゃんはもともと体が弱かったのですが、ドッグフードをリガロに変えてからは少しずつ元気になっています。
前は下痢をすることがありましたが、今はそれもなくなりました。
こんなに効果があるとは思っていませんでした。

先週、ドッグフードを追加申し込みました。
ワンちゃんのドックフードで悩んでいる方は、一度リガロのドックフードを試してみるといいと思います。
家のワンちゃんのように、元気になるかもしれませんよ。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ