特徴

いつまでも元気で美味しく食べられるには、歯の健康が大切です。歯垢が取れやすいように歯がかりがよく。歯石除去効果があるH型の歯磨き粒を配合しました。また排泄物の臭いや量などを考慮して、より消化性の高い微粉末原料を用いています。さらに酸化などによる劣化に配慮した小分けパッケージを採用しているドッグフードです。

原産国

日本

主要原材料

穀類(小麦粉、とうもろこし、ホミニーフィード、小麦ふすま、中白糖、コーングルテンミール、脱脂米糠)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンパウダー、ビーフパウダー、ささみパウダー)が主要原料です。

商品ラインナップ

●大粒タイプ
中〜大型犬の犬で、健康を維持したい1〜6歳までの成犬用、カロリーケアをしたい7歳からの高齢犬用、食事量が気になる11歳からの高齢犬用があります。
●小型犬用小粒タイプ
小さめの粒が好みの小型犬や、ヘルシー志向の犬のための1〜6歳成犬用、1〜6歳成犬用低脂肪・低カロリー、7歳からの高齢犬用があります。
1kgあたり約300円です。

ラン・ミールミックスについてまとめ

美味しいものを食べることが生きる楽しみということをコンセプトに、歯の健康を考えた歯磨き粒や消化吸収の良さを考えた微細粉末を採用したドッグフードです。

ラン・ミールミックスの評判・口コミ

飼い主口コミ

ラン・ミールミックスが見つかって良かったです
家で飼っている2匹のワンコに合うドックフードを探していました。
そしてこの前の休日時間があったので、近くのペットショップに寄ってみました。
ペットショップで探していた時、「ラン・ミールミックス」が見つかりました。
ドックフードを、国産、リーズナブルな価格、品質の3点から探したところ、最後にラン・ミールミックスが残りました。
あとは2匹のワンコが食べてくれるかです。
その日は疲れていたので、次の日から試してみました。

いつものようにワンコ専用の容器にラン・ミールミックスを入れたところ、2匹ともおいしそうに食べてくれました。
これなら大丈夫と思いました。
それ以来家ではラン・ミールミックスをワンちゃんに与えています。
いいドッグフードが見つかって良かったです。


飼い主口コミ

次の日、ラン・ミールミックスを食べてくれました
ワンちゃんにいつも与えていたドックフードがなくなったので、お店に買いに行きました。
そしていつものようドッグフード探していたところ、「ラン・ミールミックス」が目に留まりました。
初めて見るドックフードでしたが、価格も手頃で栄養分も多く入っていたので購入してみました。
ワンちゃんも人間と同じように、たまには変わった食べ物の方がいいのではと思いました。

早速ラン・ミールミックスを与えてみましたが、初日はあまり食べてくれませんでした。
そして翌日も同じようにラン・ミールミックスを与えてみましたが、今度はきれいに食べてくれました。
初日は様子を見ていたのかもしれませんね。
人間も初めて見るものは慎重になりますが、家のワンちゃんも同じ気持ちだったのでしょう。


飼い主口コミ

ラン・ミールミックスと他のドッグフードを混ぜて与えています
インターネットでドックフードを探している時に、ラン・ミールミックスを見つけました。
ラン・ミールミックスは口コミでの評価が高かったので、安心して購入できました。
あとはワンちゃんが食べてくれるかどうかです。
上手く食べてもらうために、前に使っていたドッグフードにラン・ミールミックスを混ぜてみました。
すると最初は様子を見ていましたが、10分ほどして食べてくれました。
その姿を見てとても嬉しくなりました。
それからは、前のドッグフードとラン・ミールミックスを混ぜて与えています。

この方が、それぞれ単独で与えるよりも食べてくれるみたいです。
良く食べてくれるので、この前同じ通販サイトで追加注文しました。
そして親戚の方にも、ラン・ミールミックスを教えてあげました。
とても喜んでいましたよ。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ