特徴

高品質な原材料を用い、犬を最高の状態にするための栄養学から開発されたドッグフードです。健康な皮膚、免疫力のサポート、歯石のケア、お腹の健康維持などに配慮しています。

原産国

オランダ

主要原材料

家禽類が主要原材料です。

商品ラインナップ

●犬種別サポート
ミニチュア・ダックスフンド、チワワ、トイ・プードル、ゴールデン・レトリバーラブラドール・レトリバー専用があります。
●子犬用
離乳期〜24ヶ月齢大型犬大粒、ラム&ライス離乳期〜24ヶ月齢全犬種小粒、離乳期〜12ヶ月齢小・中型犬種超小粒があります。
●成犬用
ラム&ライス成犬用(1〜6歳)小型犬種超小粒、ラム&ライス成犬用(1〜6歳)中・大型犬種小粒、ラム&ライス体重管理用(1〜6歳)全犬種小粒、体重管理用(1〜6歳)中型犬種小粒、体重管理用(1〜6歳)小型犬種超小粒、成犬用(1〜6歳)小型犬種超小粒、成犬用(1〜6歳)中型犬種小粒、成犬用(1〜6歳)大型犬種大粒があります。
●シニア犬用
(7〜10歳)小型犬超小粒、(7歳以上)中型犬小粒、(5歳以上)大型犬大粒、スーパーシニア(11歳以上)小型犬種小粒、ラム&ライス(7歳以上)全犬種小粒があります。
●スペシャルサポート
皮膚すこやかに全犬種成犬用、関節すこやかに全犬種成犬用、お腹すこやかに全犬種成犬用があります。
●活発犬用
(1〜6歳)全犬種小粒があります。
1Kgあたり約1,000円です。

ユーカヌバについてまとめ

さまざまな年齢や犬種、活動犬用など犬の状況に合わせてえらべるドッグフードです。

ユーカヌバの評判・口コミ

飼い主口コミ

ユーカヌバで気になる抜け毛が改善
私はボーダーコリーを飼って、現在6か月になります。
そのボーダーコリーですが以前、耳あたりの被毛が、抜け始めてしまったのです。
抜けた箇所はじっくり見ないとわからない程度でしたが、とても気になり、近くのペットショップに相談をしました。
そうしたら、食べ物によって様々な現象が現れると言う事を教えて貰い、まずは食べ物から改善する事になりました。

そしてここで教えて貰ったのがユーカヌバです。
ユーカヌバはバランスのとれたペットフードで、免疫力維持がサポート出来ると説明を受けました。
私のボーダーコリーは小さいころから、サイエンスダイエットのグロースを食べさせていましたが、これを機にユーカヌバに切り替えてみる事にしました。
そして現在、ユーカヌバを食べさせていますが、毛並みが良くなり、気になる抜け毛も改善されてきているようでしたので安心しました。


飼い主口コミ

ユーカヌバで愛犬の毛並みに違いが出る
私の愛犬はグレート・デーンですが、小さい頃からユーカヌバを食べさせています。
その甲斐あってか私の愛犬は、とても毛並みが良いと近所で評判です。
ご近所さんも大型犬を飼っているブリーダーさんは多くいるのですが、どうしたらこのような良い毛並みになるか聞かれた事がありました。
とは言っても散歩の頻度も変わりは有りませんし、ご近所さんと異なる事と言えば、食事くらいしか思い付きませんでした。
なのでユーカヌバを食べさせていると答えました。

基本的にユーカヌバは、愛犬の成長には欠かす事の出来ないたんぱく質の供給や、健康な筋肉を維持してくれるという話をペットショップで聞いていました。
なのでこの受け売りではないのですが、この辺りの説明をしたら、納得してくれたようで、検討すると言ってくれました。


飼い主口コミ

ユーカヌバで愛犬のパフォーマンス向上を目指す
私はシェパードを愛犬としています。
シェパードは捜索救助犬でも結構、有名な犬種で、以前、捜索救助犬のドキュメントを見た際に、常に最高のパフォーマンスを維持している犬たちを見て感動しました。
そしてこのパフォーマンスを維持するために、適切なフードを与える事がとても重要であると改めて思ったのです。
しかし私の愛犬は、流石に捜索救助犬では無いのですが、ポテンシャルは持っているはずですので、身体のバランスを考えた食事だけでも同じにしてあげたかったのです。
そのため、色々と調べた結果、ユーカヌバが良いと言う結論を得る事が出来ました。

このユーカヌバは体力の向上、健康維持に欠かす事の出来ない栄養素を多く含んでおり、おまけに歯の健康にも良いとされています。
このフードに変えてから、家の愛犬はいつも以上に元気になったという感じがします。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ