念のために入っておいたのです。毎月子供のお小遣い程度の保険だったので、いいかなと思ったのです。人間胃は保険があるので、犬にだってあって当たり前です。しかも保険に入っておくと、いざという時とても助かるのです。

犬を飼った時、そのペットショップで言われました。「保険には入っておいたほうがいいですよ。きっと良かったと思える時がきますから。」と言われたのです。その時は犬に保険なんておかしいと思っていたのです。なぜ、と思っていたのです。

でも夫に入ったほうがいいんじゃないかと言われて、私は渋々と入ったのです。毎月の保険料はさほど高くはありませんでした。子供のお小遣い程度だったからです。

でもそれでもちりも積もればになりますが、犬を飼った以上仕方ないかと思いました。でも犬が病気になるなんて聞いた事なかったのです。昔飼っていた犬は、三年ほどで死んでいく犬ばかりでした。だから保険の意味なんてあるのかなと思ったくらいです。

でもその七年後の今、私は本当に良かったと思いました。がんになったのです。それまで犬ががんになるとは思っていませんでした。でも実際に起こったのです。

体調が悪くなって食欲もなくなってきました。大好きな散歩にも行こうとしなくなって、これはおかしいと思いました。動物病院へ行くと、がんだと診断されたのです。でも初期なので、軽い手術をすればいいと言われました。その時に保険を初めて使ったのです。保険に入っていて本当に良かったです。心から思いました。

実費になるとかなりの金額だったのです。だから私はあの時、保険をすすめてくれた店員さんにとても感謝しました。

昔飼ったのに死んでいった犬は今と違って何でも食べていたからでしょう。気付いたら死んでいたのです。でも今の犬は良いものを食べて長生きをします。その間にいろんな病気にもかかるのです。だから保険は必要なのです。

まだ一回しか使っていませんが、人間にも犬にも車にも、保険は本当に大事だなと思いました。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ