最近は犬の保険も色々と販売されていて、実際に利用する機会があるかもしれません。こうした犬の事を考えたサービスは、いいことではありますが、お金の面では結構苦労することになります。出来る限り負担を軽減したいと思っている場合は、ネットで提供されている保険を利用するなどして、安く抑えるようにしてください。自動車保険の例と同じですが、代理店が提供しているサービスと、ダイレクト型と呼ばれる通販型は、価格面で大きな差が付いています。

犬の場合は、通販型保険がかなり多くなっているので、通販型を中心に検討したほうがわかりやすいです。自宅で飼っている犬も、現在は通販型の保険へ加入しており、もしものときに使えるようにしています。保険がないと、大きな病気の治療をする際には、高額な負担を強いられることもあるので、人と同じように保険へ加入しておくことはとても大切です。特に長期間犬を飼いたいと思っている人にとっては、出来る限り保険を活用してください。

比較をすることが難しいと思っているなら、比較サイトがありますので、ここで保険料を見ておくといいです。保険会社によって変わるのは普通で、結構違いがあることもあります。どのプランがいいかわからないときは、ホームページ等で一番良さそうなプランを求めたり、定番とされているものを使ってまずは比較します。それから要らないところを外してしまえば、ある程度保険料を抑えることも可能になるので、負担は大幅に軽減されることになります。

最近は犬の保険も価格競争になっていて、従来までよりも選べるところが増えています。サービスの質も大事ですが、価格をなるべく抑えて加入しておかないと、支払いが増えてしまって大変です。ただでさえ犬は支払っている金額が大きいので、愛情を注ぐためには保険だけで対応することは出来ません。保険料が多くならないように、様々なサービスから最適なものを選ぶため、ネットの活用は欠かせません。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ