1年半くらい前に、ブリーダーさんから7歳の繁殖引退犬を2匹、里親として譲り受けました。

ブリーダーさんが元々加入していた保険が「プリズムコール」という保険だったのですが、その保険の代理店もしているとのことで、同じ保険でお勧めのプランに加入しました。

保険料は一匹あたり月々3,000円で、動物病院にかかった後にインターネットのサイトで保険料請求書を取り寄せて、請求書記入後に病名が記載された領収書と一緒に送り返すと、審査の後で支払われるシステムです。

加入後6ヶ月以降であれば、医師の診断書は不要なので、保険金が支払われない傷病例(先天性の障害、ヘルニア、フィラリア感染症、歯科医療措置、てんかん、停留睾丸、股関節形成不全症、レッグヘルテス、膝蓋骨脱臼、チェリーアイ、気管虚脱など)の条件はありますが、申請後はスムーズに指定口座に振り込まれます。

病院に行った後、すぐに申請手続きに関わる行動を起こせば良いのですが、私はついついいつでも良いやと思って先延ばしにしてしまう性格で、気になりながらも何ヶ月も放置という状態になってしまいがちです。

半年ほど前、偶然動物病院で友人と会い、彼女がクレジットカード大のカードを受付で提出していたので、聞いてみたところ、彼女はアニコムという保険に加入していて、犬の顔写真付きの保険証を作って会計窓口では人間の健康保険のように、医療費の3割を支払うというシステムなんだそうです。

この方法だと、一回一回通院の後に保険料請求書を取り寄せて、記入して送り返すという手間が省けるので、私のような性格の人間にはとても便利だと思って、乗換えを検討してみたくなりました。アニコムの3割負担のシステムを使うには、アニコム保険の提携をしている動物病院に限ります。

プリズムコールは、基本的にどの動物病院でも保険料は支払われますが、東洋医学(漢方・鍼灸等)、インド医学、免疫療法、温泉療法などの代替医療または減感作療法は支払われないと記載されています。

また、保険金請求に関して不慣れな動物病院だと、保険会社に提出する領収書の記載方法も自信なさげなのがちょっと気になりました。

この私の性格が災いし、具体的に調べ始めるまでに時間がかかり、アニコムの新規加入は7歳までだと知ったのは、既に私の犬たちが8歳になってしまっていた後でした。もし、友人と会ってすぐに検索していたら、まだ7歳でした・・・

年齢が間に合ったとしても、保険料はプリズムコールよりも1割くらい高くなっていたのですが、申請の手間が省けるのは、私にとってとても魅力的でした。プリズムコールの通院の保険金は5,000円なので、医療費の合計金額や通院回数によりますが、プリズムコールの方がカバーされる金額が多くなることもあるし、アニコムの方がお得になることも

あるので、どちらが良いかというとそれは当然選ぶ側のの基準で変わると思います。今も、保険金請求しなければならないものが数件あり、そのままになってしまっています。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ