特徴

ドッグフード表面に油とフレーバーをコーティングせずに嗜好性を上げるため、発酵作用を応用したドッグフードです。野生肉食獣が獲物を食べる時、真っ先に消化管に残っている発酵物を食べることからヒントをもらい、たんぱく質をアミノ酸に変えることで程アレルギーを目指したドッグフードです。北海道という地の利を生かし、牛肉を始め、畜産物、海産物などの原材料は鮮度の高いものを利用しています。

原産国

日本

主要原材料

ポーク、チキン、とうもろこし粉などです。

商品ラインナップ

ミートミールを一切使用していない良質の生肉をふんだんに使って調理された成犬用(メンテナンス)、肥満犬用(ライト)、高齢犬用(シニア)、幼犬用(パピー)があります。
1kgおよそ900〜1,500円です。

ペットドゥについてまとめ

原材料本来の旨味と発酵製法による香りにより、犬の嗜好性を高めたドッグフードです。オメガ3・6脂肪酸をバランスよく配合することにより、皮膚や被毛への配慮をおこない、関節のサポートそしてグルコサミン・コンドロイチンを配合しています。さらに漢方の世界で防腐効果や抗炎症効果があるとされるクマ笹エキスを配合し、微量ミネラル成分として酵母ミネラルを配合したドッグフードです。

ペットドゥの評判・口コミ

飼い主口コミ

ペットドゥのペットフードで関節のケアを
ペットドゥのライトを買い与えています。ダックスフントのオス4歳を飼っています。
ダックスフントは元々猟犬であり、非常に賢く運動好きな犬種です。
うちの子も例に漏れず動くことがとても好きで、とても活発に育ってきました。
しかし、少し甘やかし過ぎたせいか太り過ぎてしまって穴ぐらに潜り込むために品種改良された短い手足の関節が悲鳴を上げてしまいました。

可哀想なことをしてしまったとダイエットに励んでいる最中ですが、お肉がとても好きな子なので偏食でもあり、健康維持食品はあまり食べてくれません。
関節のことを考えても、食べないダイエットをさせるつもりは全くないのでペットドゥの厳選された生肉で作られたドライフードに出会えたのはキセキでした。


飼い主口コミ

ペットドゥのメンテナンスでずっと健康に
毎日ではありませんが、ペットドゥのメンテナンスを与えています。
特別好き嫌いも無く、また食べ飽きる事も無くどんなペットフードもよく食べてくれるのですが、普段与えている安いペットフードだけでは犬に必要な栄養素が完全には補えていないだろうと思い、ペットドゥのメンテナンスを週に何度か与える事にしています。

ペットドゥのメンテナンスを選んだのは単に商品名に惹かれたからですが、名前の通り確かにうちの子の身体をメンテナンスしてくれているように思います。
まず毛艶が良くなりましたし、以前よりも疲れ難い身体になったように思います。
私でも感じる程他のフードとは違って美味しそうな匂いがする商品ですので、嗅覚の鋭い犬に取っては本当に楽しいご飯のひとときになっているのだろうなと思うととても嬉しいです。


飼い主口コミ

ペットドゥのパピーで犬初心者でも安心して子育てできる
犬を飼うつもりなんて全くなかった私が、ペットショップでまさかの一目惚れをして柴犬の子犬を飼い始めました。
始めはひとそろいペットショップで買った内の中からドライフードを与えていたのですが、犬を飼う事が初めてなため、色々とネットで調べていたら市販のドライフードって保存料や着色料であまり身体に良くないものが多いのですね…。

ペットドゥのパピーの存在を知ったのは実家の母から教えてもらいました。
母はうちの実家で飼っている犬を動物病院に連れて行ったときに、待ち合いで一緒になった方から教えられたそうです。
その方、ナイスです!
ペットドゥのドッグフードは良質な肉を主成分にしている本当に身体に良い商品で、うちの子にも安心して食べさせることが出来ています。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ