特徴

愛犬元気ベストバランスは、人気小型犬種別に作られたドッグフードです。概ね10ヶ月以上からのドッグフードで、離乳期や成長期の子犬には対応していません。

原産国

日本

主要原材料

穀類、ミール肉類、豆類などが主原料です。

商品ラインナップ

●トイプードル用
ジャンプが好きだったり、他の犬種に比べて腸が短い傾向にあるトイ・プードルのために、グルコサミン・コンドロイチンを添加し、さらにオリゴ糖による整腸作用を期待したドッグフードです。成犬用と7歳以上用があり、7歳以上はより消化性に優れた素材を使用しています。。
●ヨークシャー・テリア用
毛並みに配慮し、ビタミンA,B群、C,E、オメガ6&3脂肪酸、関節をなめらかにするグルコサミン・コンドロイチンを適量配合しています。成犬用のみです。
●シー・ズー用
目の健康に配慮したマリーゴールドエキスや関節の保護に関するグルコサミン・コンドロイチンや、毛並みに配慮したビタミンA,B群、C,E、オメガ6&3脂肪酸を適量配合しています。成犬用、7歳用、10歳用です。
●ミニチュア・ダックスフンド用
関節の保護に関するグルコサミン・コンドロイチンを適量配合しています。成犬用、7歳用、10歳用、13歳用です。
●柴犬用
皮膚が乾燥しやすい柴犬用に、ビタミンA,B群、C,E、オメガ6&3脂肪酸を適量配合しています。成犬用のみです。
1kgあたり約500円です。

ベストバランスについてまとめ

ベストバランスは、トイプードルやチワワ、ダックスフンドなど犬種ごとに商品がラインナップされていることが特徴的なドッグフードです。またそれぞれに、と年齢によって商品が分けられています。

ベストバランスの評判・口コミ

飼い主口コミ

ベストバランスに変えてから良く食べるようになりました
ベストバランスのドッグフードが良いと聞いたので、今までは毎日そちらを利用しています。
ドッグフードというのは、ワンちゃんによってそれぞれ好みがあります。
しかし、ベストバランスのフードはどの犬にも合うのではと思っています。
こちらのドックフードを愛犬に与えるようになってからは、好んで食べるようになりました。
ベストバランスのドッグフードをやらないと、機嫌が悪くなることもあります。

このドックフードは粒の大きさもちょうど良く、どのようなワンちゃんにも食べやすいように作られているようです。
ワンちゃんのドックフードに選択に悩んでいる方は、一度ベストバランスのフードに変えてみるといいかもしれません。
喜んで食べてくれると思いますよ。


飼い主口コミ

ベストバランスのフードを一度試してみてください
犬の健康のことを考え、ドッグフードには気を遣っています。
いくら良いと言われるドッグフードでも、愛犬が気に入ってくれないと食べてくれません。
その点、ベストバランスのドッグフードなら残すことなく全部きれいに食べてくれます。
こちらのドッグフードはインターネットで調べました。
ドッグフードについてまとめたサイトがありましたが、そちらで様々なフードが紹介されていました。
その中の1つに、ベストバランスのドッグフードがありました。
リーズナブルな価格でしたので、試しに1つ買ってみました。

実際にワンちゃんに与えたところ、とても喜んで食べてくれました。
その姿を見て嬉しくなりました。
次回の購入も考えています。
ドッグフードの選択に迷っている方は、ベストバランスのドッグフードを一度試してみてください。


飼い主口コミ

ベストバランスは取り扱いやすいのがいいですね
今まで様々ドッグフードを試してきましたが、ワンちゃんに合ったものは見つかりませんでした。
しかし子供が探してくれた、ベストバランスのドッグフードは違っていました。
ベストバランスのドッグフードを犬に与えたところ、すぐに食べてくれました。
ワンコは初めて見るフードには抵抗を示していましたが、こちらのドッグフードには特に抵抗を見せることはありませんでした。
これなら大丈夫と思い、それから毎日与えています。

他にも色々にドッグフードがありますが、ベストバランスのドッグフードは500g単位で4袋に小分けされています。
取り扱いやすいのも人気の秘密なのかもしれませんね。
友達の中にプードルを飼っている人がいますので、今度教えてあげようかと思っています。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ