プードルはトイプードル、ミディアムプードル、スタンダードプードルに分けられていています。基本的にはフレンドリーで飼いやすい犬種ですが、注意しなければいけない点も幾つかあります。

犬種の特徴

プードルはもともと水の中に入って撃ち落とされた水鳥などを回収する目的で作出された犬種であり、その被毛はほとんど抜けることはなく、カールしながらどんどん伸びていきます。毛が落ちないのでアレルギーなどを持っている人などには飼いやすい犬種ですが、定期的なトリミング(概ね月に一回)を怠るとあっという間に毛むくじゃらになってしまいます。長く伸びた被毛を放置すると毛玉からフェルト状に固まってしまい、皮膚炎などを引き起こす可能性があります。一生にわたりトリミングが必要で、トイプードルで10,000円程度、スタンダードプードルでは20,000円程度のトリミング代を毎月支出する覚悟がないと飼うことができない犬種です。

性格と飼いやすさ

プードルは基本的に明るい性格で、誰にも懐きやすいのですが、とても頭が良く活発なため、しつけや社会化を怠ると、常に騒がしい犬になってしまう可能性があります。一緒にたくさん運動をしてあげられる飼い主が必要となります。

かかりやすい病気

トイプードルでは目の病気や肘関節脱臼などを起こしやすいといわれています。

まとめ

トリミングをしなければいけない犬種ですが、逆にいろいろなスタイルを楽しむことができるのもプードルを飼う醍醐味です。毎日の手入れを怠らず、たくさん遊んであげることが重要です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ