特徴

犬種別やライフステージ、ライフスタイルなどに合わせて選べるドッグフードで、ペットの幸せのために最先端の研究を行い、世界のペット栄養学・ペットケアをリードするウォルサム®研究所との共同開発で生まれました。

原産国

オーストラリア

主要原材料

チキン類を主なたんぱく源とし、他に犬種別や年齢別、目的別によりさまざまな機能性を持った成分を添加しています。

商品ラインナップ

●目的別ラインナップ
12ヶ月までの子犬用(パピー)、24ヶ月までのすこやかサポート、室内犬用、美味しさにこだわる犬用、皮膚・毛艶をケアしたい犬用、避妊・去勢している犬用、体重管理用があります。
●犬種別ラインナップ
ミニチュア ダックスフンド、チワワ、トイプードル、柴犬、シーズー、ヨークシャーテリア、パピヨン、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク用があります。
年齢別ラインナップ
●12ヶ月までの子犬用(パピー)、24ヶ月までのすこやかサポート、7歳からの室内犬用、7歳/11歳からのミニチュア、ダックスフンド専用、7歳からのチワワ専用、7歳からのトイプードル専用、7歳からのシーズー専用があります。
1kgあたり約900円です。

プロマネージについてまとめ

目的別、年齢別、犬種別(小型犬)で添加されている成分が異なるため、飼育環境や年齢、犬種などにより柔軟にドッグフードを選ぶことができます。

プロマネージの評判・口コミ

飼い主口コミ

ある通販サイトでプロマネージを見つけました
通販サイトで「プロマネージ」を見つけてからは、毎日与えています。
ワンちゃんも気に入ってくれたようです。
今まで色々なドックフードを試してきましたが、どれもあまり効果はありませんでした。
犬にもそれぞれ、体に合うドッグフードがあるんだなと思いました。
プロマネージのドッグフードは、家のワンちゃんの体にぴったり合っているようです。

プロマネージのドッグフードを与えるようになってから体調もいいですし、毛艶もきれいになりました。
ドックフードによっては体調を壊して下痢をすることもありましたが、このドッグフードではそのようなこともなくなりました。
ワンちゃん体に配慮して作られているみたいです。
今後もプロマネージのドックフードを続けたいと思います。


飼い主口コミ

プロマネージは知人から教えてもらいました
みなさんは愛犬にどのようなドックフードを与えていますか?
犬によって合うもの、合わないものがあると思います。
私もドッグフードには気を使いました。
今まで色々な製品を試してきましたが、結局プロマネージのドッグフードにおさまりました。
プロマネージのドッグフードは知人から教えてもらいました。
他のドッグフードと比べて粒が細く食べやすいようです。

すぐに家のワンコにも試してみましたが、全部食べてくれました。
こんなに美味しそうに食べてくれる姿は久しぶりに見ました。
それ以来我が家では、プロマネージのドッグフードを毎日与えています。
プロマネージのドッグフードを食べるようになってから、元気になったような感じがします。
みなさんもどうですか?


飼い主口コミ

この前プロマネージを追加注文しました
ネットを利用してドッグフードを探していました。
その時に見つかったのが「プロマネージ」です。
プロマネージのドッグフードは、目的別や犬種別に色んな種類が用意されています。
そのため、どのようなワンちゃんにも合うみたいですね。
家のワンちゃんは好き嫌いが激しいので心配していましたが、プロマネージのドッグフードに変えてから良く食べるようになりました。
今は毎日与えていますが、残すことなく全部食べてくれます。

ワンちゃんの体にいい成分もたくさん入っているので、安心して与えることができます。
またニオイも気になりません。
ドッグフードの在庫がなくなったので、この前通販サイトで追加注文しました。
ワンちゃんのドックフードで悩んでいる方は、プロマネージを選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ