特徴

犬の成長段階や体質などに合わせ、厳選された良質の素材で作られたドッグフードです。
子犬の成長、胃腸の維持、体重管理、健康的に年齢を重ねることを目的としています。

原産国

アメリカ合衆国

主要原材料

チキンが主要原材料です。

商品ラインナップ

●オプティスタート
子犬の成長に必要な栄養素を見たり、主乳成分であるコストラムを配合し免疫力をサポートします。超小型犬・小型犬用、中型犬用があります。
●オプティライフ
身体全体の健康を維持し、理想的なコンディションを保つ成犬用です。超小型犬・小型犬用、中型犬用があります。
●オプティダーマ
スキンケアに着目したアミノ酸や必須脂肪酸、ビタミンB群や亜鉛などを特別に配合し、小麦タンパク質不使用で作られています。超小型犬・小型犬成犬用、中型犬成犬用、中型犬7歳以上の成犬用があります。
●オプティウエイト
高タンパク質と低脂肪、食物繊維を配合した全犬種成犬用です。
●オプティエイジ
高齢犬の衰えがちな脳細胞にエネルギーを与える9歳以上の超小型犬・小型犬用、7歳以上の中型犬用です。
1kgあたり約1,500円です。

プロプランについてまとめ

さまざまな年齢や体の大きさ、状態に合わせて用いることのできるドッグフードです。

プロプランの評判・口コミ

飼い主口コミ

プロプランは身体に栄養が行き渡るおススメのフードです
私の愛犬はトイ・プードルです。
以前、ドッグコンテストに参加しているブリーダーさんとお話しする機会があり、食べ物について話しました。
そうしたら、プロプランを食べさせていると言う事を聞きましたので、現在のドックフードからプロプランに切り替えてみました。
プロプランはミール系を多く使用しているフードとなり、私のワンちゃんも美味しそうに食べています。
これを食べるようになってから、糞の質が上がったように感じています。

今まで、糞の回数が定まらなかったのですが、プロプランに変えてから、時間が固定になったようです。
また糞の量も一定ですので、身体に吸収される栄養素も一定と言う事ではないかと考えています。
なのでプロプランに切り替えて良かったと思っています。


飼い主口コミ

プロプランをいっぱい食べてワンちゃんご機嫌
私はマルチーズにプロプランをあげています。
元々、違うドッグフードを食べさせていたのですが何となく食べ方にムラがあり、あまり美味しそうに食べていないと感じました。
そのため思い切って
プロプランに切り替えて見たのです。
そしてプロプラン切り替えた途端の違いは一目瞭然でした。
兎に角、うちのワンちゃんの食い付きが変わり、とても美味しそうに食べるのです。

またいっぱい食べている割に糞の量も少なく、それでいて重量が思いので、身体に栄養が行きわたっていると実感しています。
更に最近では毛ツヤが良くなっているように思いますので、プロプランに切り替えて正解だったと感じています。
ワンちゃんも喜んでいると思うので、これからもプロプランを続けていきます。


飼い主口コミ

ワンちゃんの健康のためにプロプランは切り替える事が出来ません
私の愛犬は小さい時から、ペットショップでプロプランを食べていたようですので、その流れでずっとプロプランです。
一度、他のペットフードに切り替える時期もありましたが、明らかに食べ方が異なっていました。
家のワンちゃんはプロプランを食べているときはペロッと完食してしまいますが、他のフードでは少しだけ残す事が有り不思議でした。
ワンちゃんにはわかるんですね。
なので切り替える事を諦めた事もあります。

その甲斐あってか、現在では病気も一度もした事ありませんし、定期健診を行っても正常だと言われます。
いつまでも健康でいられるのは、プロプランのお陰であると思っています。
ワンちゃんの健康維持のために、我が家ではプロプランは欠かすことの出来ない食べ物となっています。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ