特徴

日本の犬のために、国産の原材料を使ったドッグフードです。健康に役立つLBSカルチャー(乳酸菌、納豆菌、酵母の共棲発酵培養物)を抗酸化成分であるビタミンCとE、ブドウ種子エキスを配合しました。高い嗜好性と消化性をそのままに、低脂肪、低カロリー設計で運動不足の日本の犬の最適な配合になっています。さらに、マグネシウムの量を調整することにより下部尿路の健康維持に配慮したドッグフードです。

原産国

日本

主要原材料

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール)が主要原材料です。

商品ラインナップ

●オプティスタート
子犬の成長に必要な栄養素を見たり、主乳成分であるコストラムを配合し免疫力をサポートします。超小型犬・小型犬用、中型犬用があります。
●オプティライフ
身体全体の健康を維持し、理想的なコンディションを保つ成犬用です。超小型犬・小型犬用、中型犬用があります。
●オプティダーマ
スキンケアに着目したアミノ酸や必須脂肪酸、ビタミンB群や亜鉛などを特別に配合し、小麦タンパク質不使用で作られています。超小型犬・小型犬成犬用、中型犬成犬用、中型犬7歳以上の成犬用があります。
●オプティウエイト
高タンパク質と低脂肪、食物繊維を配合した全犬種成犬用です。
●オプティエイジ
高齢犬の衰えがちな脳細胞にエネルギーを与える9歳以上の超小型犬・小型犬用、7歳以上の中型犬用です。
1kgあたり約1,500円です。

プロフェショナルバランスについてまとめ

さまざまな年齢や体の大きさ、状態に合わせて用いることのできるドッグフードです。

プロフェショナルバランスの評判・口コミ

飼い主口コミ

プロフェッショナルバランスは病気のワンちゃんを救ってくれるフードです
私の家のプードルは一度、ストルバイト結石と診断された事があります。
その時には、手術するほどでもなく沢山の水と処方食にする生活にすることで、徐々に改善する方向との事でした。
そのため、この日から処方食であるドライフードを食べさせる毎日でした。
しかしこの病気になってしまった原因は飼い主に有ると思い、何とかしてあげたいと思っていた矢先、プロフェッショナルバランスに出会う事が出来ました。

このプロフェッショナルバランスはストルバイト結石にも配慮したバランスフードで、消化性にも優れているため、ワンちゃんにはとても良いフードとなっています。
これなら美味しくまた病気のワンちゃんにも抵抗なく食べて貰えるフードです。
まだ完治ではないですが早く良くなって欲しいと思っていますので、プロフェッショナルバランスは手放せないフードです。


飼い主口コミ

プロフェッショナルバランスで毎日の健康維持
私の愛犬はイングリッシュ・コッカー・スパニエルです。
我が家では、ワンちゃんの健康に気を付けるようにしています。
そのため、犬友に食事の事について話を持ちかけたところ、プロフェッショナルバランスが良いと言う話になり、食べさせています。
このプロフェッショナルバランスはワンちゃんにとって美味しく設計されており、しかも低カロリーで高消化が期待出来るフードです。

また開封してみて嬉しい事に、小分けになっているため食べ残しがない設計というのも有りがたい事です。
家のワンちゃんにこのプロフェッショナルバランスをあげると、喜んでパクパク食べてくれていますので、見ていて気持ちが良いです。
またお腹にも優しい設計であるため、便通も良い感じですし、健康状態はとても良いと思います。


飼い主口コミ

プロフェッショナルバランスはワンちゃんの健康バランスを配慮した理想的なフードです
自分の家にはミニチュアダックスがいますが、プロフェッショナルバランスを食べさせています。
これというのも以前、このプロフェッショナルバランスの試供品をもらい、我が家のワンコに食べさせてみたところ、思っていたよりも食べっぷりがよかったので、このフードにしています。
試供品を貰った時は、健康的になると言う話はちらっと聞いていましたが、それ程興味がありませんでした。
しかし、ワンコの健康は飼い主が守ってあげなくてはいけないと改めて思い、プロフェッショナルバランスの事を調べて見たのです。
そうしたら、ワンちゃんの様々な健康バランスを配慮したバランスフードと言う事が分かりました。

その甲斐あってか今ではいつも元気に、私の事を慕ってくれまた、そんな姿を見ていつも癒されています。
ワンちゃんの健康維持は大変ですが、これからもプロフェッショナルバランスは続ける予定です。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ