特徴

食いつきがよく、食べ飽きることがないことをコンセプトに、良質な鶏肉やラムをふんだんに使用し、半生タイプに仕上げたドッグフードです。食品の持つ機能を強化するために、ビタミンEとローズマリーを配合し、腸まで届く有胞子乳酸菌を配合し、腸内環境を整え便臭を抑えるとともに、免疫力の強化を図ります。合成保存料、合成着色料、合成発色剤は不使用です。

原産国

日本

主要原材料

チキンあるいはラムが主要原材料です。

商品ラインナップ

チキン、ラム、フィッシュの他に、ベジタブルプラスとしてトマト、ホウレンソウがあります。また食の細い超小型犬のために栄養価と嗜好性を高めた超小型犬用チキンとラムがあります。
1kgあたり約5,000円です。

ピュアロイヤルについてまとめ

セミモイストタイプのドッグフードで、食いつきがとてもよいドッグフードです。価格は高めですが、おやつ代わりに与えている飼い主さんも多いようです。セミドライで無添加フードのため、日持ちがせず、パッケージには開封の目印があり、400g〜600gの少量パックになっています。そのパッケージもさらに100gずつの小袋に分けられ、より保存性が高められています。

ピュアロイヤルの評判・口コミ

飼い主口コミ

ピュアロイヤルで家のワンちゃんも腸内美人
私は現在、レトリーバーを飼っており、最近、食生活について考えています。
これというのも私が便秘気味で食生活に気を付けているという事もあり、私のワンちゃんも同じではないかと考えました。
なので、腸内環境を整えてくれるものが何か無いかと色々と調べてみたところ、ピュアロイヤルを見つけました。
このピュアロイヤルは身体に良いとされるマグロ、カツオ、オカラ、乳酸菌などといった食材が使われており、腸内をキレイにしてくれる効果が期待できます。
そのため私はこのピュアロイヤルにご飯を変えてみました。

家のワンちゃんはいつもと変わらずにペロッと食べてくれました。
そして驚いたのは次の日の朝からです。
お腹の調子が良いのか、糞の形や色がいつもと異なっていたのです。
これは明らかにピュアロイヤル効果だと思いました。


飼い主口コミ

半生タイプのピュアロイヤルは直感的に大当たり
私はマルチーズを愛犬にしています。
最初、固形タイプのご飯をあげていたのですが、何となく美味しそうに食べないと感じていました。
そのため一度、フードを変えてみようと思ったのです。
そこで、ご近所さんや犬友にご飯について聞いてみたところ、半生タイプのご飯をあげている家庭が多くいる事がわかりました。
なので、家も半生タイプにしようと思いました。

そしてペットショップにて半生タイプのフードを見ていたら、ピュアロイヤルが目に付いたのです。
早速、手に取り店員さんに聞いてみたところ、このピュアロイヤルは栄養価もあり腸内環境を整えてくれるので良い物だと教えて貰いました。
なので私は、直観的にもこれが良いと思いましたので早速購入し、愛犬にあげてみました。
どうやら半生タイプのご飯は食べやすいらしく、また美味しく食べている様子でしたので、まずは安心と言ったところです。


飼い主口コミ

ピュアロイヤルで家のワンコが食食旺盛になった
家のワンコにはいつもドライフードをあげていましたが、食べる量が少しであるため、食が細いワンコだと思っていました。
特に間食をしているわけではないのですが、あまりご飯を食べないのです。
しかしある時、知人が家のワンコのために、ピュアロイヤルを買ってきてくれたことで、この考えが変わりました。
最初はまぁまぁいつもの通りに有る程度食べたら、ぷぃとなるだろうと思っていたのですが、良い意味で見事に裏切られました。
それは見た事もない食いっぷりになったのです。

私は嬉しさと驚きはありましたが、ここまで違うのかと感動を覚えた程です。
なので今ではピュアロイヤルを家のワンコにあげています。
食いっぷりは変わらずで、食欲旺盛です。
何が違うかはわからないのですが、ワンコが元気良く食べてくれるならそれだけで良いです。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ