特徴

ピナクル=頂点という名前に込められた願いは、一番良い品質のものを犬の提供するコンセプトのもとに、強度のアレルギーに苦しむ犬のためのドッグフードです。たんぱく質と炭水化物にこだわり、小麦、大豆、とうもろこしなど多くの炭水化物に含まれるグルテンを除去したアレルギーフリードッグフードです。

原産国

アメリカ合衆国

主要原材料

ターキー、ターキーミール、ダッグ、サーモンなど各種生肉と肉粉です。

商品ラインナップ

●ピナクルチキン&スイートポテト
有機飼料で飼育されたチキンとキアノ、 ヒヨコマメ、サツマイモ、野菜などでグルテンフリーを目指しています。
●ピナクルダック&スイートポテト
チキンにアレルギーのある犬用です。コレステロールを下げる働きがあります。
●ピナクルターキー&ポテト
消化しやすいターキーを使ったドッグフードで、他の肉類のアレルギーのある犬用です。
●ピナクルサーモン&ポテト
サーモン生肉を使うことで、嗜好性の良いドッグフードです。
●ピナクルトラウト&スイートポテト
牛肉やラムなど、陸生の動物たんぱく質にアレルギーのある犬用で、水質の良い湖で飼育されたマスを使っています。ピナクルシリーズで最も低カロリーです。
1kgあたり約1,800円です。

ピナクルについてまとめ

全年齢対象の食物アレルギーケアドッグフードで、グルテンフリーです。

ピナクルの評判・口コミ

飼い主口コミ

ピナクルのフードで標準体重に
ピナクルのサーモン&ポテト(グレインフリータイプ)を喜んで食べる内の犬。
本当にこの子にぴったりのドッグフードが見つかってよかったと思います。
生まれた時から他の兄妹より少し身体の小さかったうちの子、それでも必死に私にすり寄って来たこの子が可愛くて連れて帰ったのですが、なかなか増えない体重に身体の弱い子に育つんじゃないかとヒヤヒヤしていました。

ドッグフードは色んな種類がありますが、ピナクルのサーモン&ポテト(グレインフリータイプ)は蛋白質と炭水化物に重点をおいて作られているらしく、うちの子の体重も炭水化物のおかげか順調に増えて来ています。
サーモンの香りでとても美味しそうですし、事実美味しいのでしょう。
前と食いつきの違う様子をみていると、このフードに変えて本当に良かったと思います。


飼い主口コミ

ピナクルのフードで皮膚の健康を目指す
うちの犬は皮膚が弱くて困っています。
あせものようにただれたり、ハゲが出来ることはしょっちゅうで幸いにも病院に処方してもらう薬で対処出来る範囲なのでまだいいですが、病院代も馬鹿になりません。
加えてアレルギー体質の様で、犬ならどの子も好きであろうお肉が一切ダメなんです。
なんとか日々の食生活で改善出来ないかと模索していたところ、ピナクルのトラウト&スイートポテトに出会いました。

ピナクルのトラウト&スイートポテトは肉類に対するアレルゲンフリーで作られており、加えて皮膚の栄養に必要な不飽和脂肪酸と言うものもふんだんに含まれているそうです。
難しいことは分かりませんが、何にせよ安心して与えられて、皮膚も強くなりアレルギーが出ないのであればこれ以上の食事はありません。
続けて食べさせてみようと思っています。


飼い主口コミ

ピナクルのフードで丈夫な身体を作る
ジャーマンシェパードのオス3歳の飼い主です。
うちの子は警察犬の訓練も受けているのでとにかく他所の子より運動量が多く、また制限された厳しい訓練の中で楽しんでやっているとは言え、多少のストレスも感じているのでは無いかと思い、ピナクルのチキン&スイートポテトを与えるようになりました。

運動するからにはとにかく良質なタンパク源が必要だろうということで、調理後すぐに冷凍されていると言う動物性たんぱく質を100%地鶏で補っているピナクルのドライフードは、良質な上に与えていて本当に安心出来るペットフードだと思います。
香りもとても良いので、一日頑張ったご褒美に与えるには最適の物だと思いますし、うちの子の身体の丈夫さはこのピナクルのフードのお陰だと思います。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ