スヌーピーのモデル犬とも言われるビーグルは、大きな垂れ耳と短い足、つぶらな瞳の小型犬として世界中から愛されています。もともとはイギリスで兎狩りなどに使われていた狩猟犬で、臭いで獲物を追う臭覚ハウンドと呼ばれる部類の犬種です。ビーグルについて解説します。

犬種の特徴

垂れ耳、短毛で体重は8〜14キロと比較的小柄で、足が比較的短く体はしっかりとしています。

性格と飼いやすさ

性格は明朗で活発です。もともと狩猟犬であるため、運動が必要な犬種です。本能的に臭覚による探索行動が見られることが多く、臭いに夢中になってしまうと飼い主をほったらかしてどこかに行ってしまうことがあるので、注意が必要です。被毛は短毛でブラッシングするだけで簡単です。独立心が強く、小型犬にしてはほえ声が大きいので、しっかりとしたしつけをすることが重要です。

かかりやすい病気

大きな垂れ耳は外耳炎を起こしやすいので、洗浄などをこまめに行い予防します。また副甲状腺機能亢進症(クッシング症候群)などの病気が見られ、糖尿病などを併発しやすいので注意が必要です。

まとめ

小型犬ですががっしりとした体型と、愛くるしい顔で人気の高いビーグルですが、ほえ声が大きく、都会やマンションでの飼育にはしっかりとしたしつけをしないとトラブルの元になります。他の犬とはフレンドリーに付き合うことができますので、ドッグランなどに積極的に連れて行って運動不足にならないようにします。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ