成犬〜シニア犬まで、健康維持のための粉ミルクです。乳糖を調整し、お腹の環境を整えるビフィズス菌とミルクオリゴ糖を配合した健康栄養食品です。

原材料

乳たん白質、デキストリン、動物性脂肪、脱脂粉乳、植物性油脂、食物繊維、ブドウ糖、ビフィズス生菌、乾燥酵母、コンドロイチン硫酸、グルコサミン、メチオニン、L-アルギニン、L-シスチン、L-カルニチン、ミルクオリゴ糖、pH調整剤、乳化剤、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、C、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、ビオチン、コリン、カロテン)、ミネラル類(Ca、P、K、Cl、Mg、Fe、Cu、Mn、Zn、I、Se)、イノシトール、ヌクレオチド、香料(バター、ミルククリーム)を含んでいます。

原産国

日本で生産されています。

ラインナップ

ドッグメンテナンスミルク

値段と1日当たりの給与量

一缶280gで一般小売価格1,700円です。適量を与えてください。

ドッグメンテナンスミルクについてまとめ

成犬とシニア期の犬に適した粉ミルクです。タンパク質やミネラル、アミノ酸などの補給の他に、グルコサミンやコンドロイチンを配合し、シニア期に特に重要な関節の動きを滑らかにする成分を配合しています。またビタミンや酵母、乳酸菌などを配合することにより、健康をサポートする粉ミルクです。

ドッグメンテナンスミルクの評判・口コミ

飼い主口コミ

高齢のワンちゃんにドッグメンテナンスミルクを与えています
我が家にいる、高齢のワンちゃんのミルクを探していました。
高齢なのか、最近ドッグフードを食べてくれなくなりました。
このままでは体調にも影響が出てきますので、せめてミルクでも飲ましてあげたいと思いました。
その時に見つかったのが、「ドッグメンテナンスミルク」です。

ドッグメンテナンスミルクには、ワンちゃんの体にいい成分がたくさん入っています。
高齢で元気がない犬の、体力回復に効果があるみたいです。
最初はあまり、ドッグメンテナンスミルクを飲んでくれませんでした。
しかし徐々に飲んでくれるようになりました。
ドッグメンテナンスミルクを飲み始めてからは、体力も徐々に回復してきているみたいです。
今後はドッグメンテナンスミルクを与えて様子を見たいです。


飼い主口コミ

ドッグメンテナンスミルクには健康増進効果があるようです
犬を飼っている方の中で、ミルクを与えている人も多いと思います。
お店では色々なミルクが売られていますが、私が選んだのがドッグメンテナンスミルクです。
ドッグメンテナンスミルクは、ネット上の情報サイトで紹介されていました。
多くの人たちの書き込みがありましたが、その中でもワンちゃんの健康が回復したという書き込みが多かったです。
その書き込みを信じてドッグメンテナンスミルクを購入してみました。

ワンちゃんの体調を早く良くしたいと思い、その日からドッグメンテナンスミルクを与えました。
ドッグメンテナンスミルクを与えて1週間ぐらいたったでしょうか、それから体調が良くなりました。
このミルクには健康増進効果があると思います。


飼い主口コミ

ドッグメンテナンスミルクはみなさんにもおすすめしたいです
「ドッグメンテナンスミルク」は、ある通販サイトで見つけました。
そのサイトには様々なミルクが売られていましたが、その中で評価が高かったのがドッグメンテナンスミルクです。
ちょうど在庫があったので、ワンコのために購入しました。
ドッグメンテナンスミルクが届いてからは、毎日お湯で溶いて固形フードと一緒に与えました。

最初は様子を見ていたのかあまり興味を示さなかったのですが、少しずつ興味を持つようになりました。
それ以降は、ドッグメンテナンスミルクを催促するようになりました。
こんなに喜んでくれるとは思っていなかったのでとても嬉しかったです。
今では、ドッグメンテナンスミルクを毎日与えています。
ぜひみなさんにもおすすめしたいですね。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ