特徴

半生タイプに仕上げたドッグフードで、ミートミール(肉粉)を使わず、急速冷凍された肉をふんだんに使用し、風味や栄養素を損なわないように独自の製法で作られています。生きたまま腸に届く有胞子乳酸菌を配合し、オリゴ糖とともに腸内環境を整え、免疫の強化と便臭の低下をもたらします。また体内で不足しがちな多糖体を豊富に含むクマ笹エキス、緩やかに吸収される酵母ミネラルを含んでいます。

原産国

日本

主要原材料

牛肉が主要原材料です。

商品ラインナップ

アダルト、シニア、ライトがあり、シニアは噛む力が弱くなってきた高齢犬に配慮して柔らかめに仕上げており、また関節をサポートするグルコサミンとコンドロイチンを配合しています。またライトは肥満に考慮して食物繊維を強化し、脂肪の分解を助けるといわれているギャバとL-カルニチンを配合しています。
1kgあたり約5,000円です。

ドゥロイヤルについてまとめ

牛肉を主原料としたセミモイストタイプのドッグフードで、食いつきがとてもよいドッグフードです。価格は高めですが、おやつ代わりに与えている飼い主さんも多いようです。シニア用は柔らかめに作られており、ライトは肥満対策用です。飼い犬の状態に合わせて使うことができます。

ドゥロイヤルの評判・口コミ

飼い主口コミ

ドゥロイヤルは家のワンコの好物となっています
僕のトイ・プードルは食べ物の選り好みが強いようですが、ドゥロイヤルだけは半端なく良く食べます。
食欲旺盛な事はとても嬉しい事なのですが、少し高めであるため食費がとても高くなってしまいます。
なので、家ではドライフードと併用してあげている状態です。
あげ方はドライフード、ドゥロイヤルの順番であげているのですが、ドゥロイヤルの番になるとやはりとても美味しいようです。
他の半生タイプも多くあるのに、なぜこのドゥロイヤルが良いのか見当が付きません。

主原料を見るとドゥロイヤルは半生タイプのフードですが、お肉系の原料が多く含まれているようですので、ここが違うと思われます。
正確な事はわからないのですが、私たちにはわからない何かを感じとっているのだと思います。
でもまぁ家のワンコの好物がわかって良かったと思いました。


飼い主口コミ

ドゥロイヤルで一日の気分が変わる
家にはチワワがいますが、毎日の朝のご飯が楽しみなようです。
この理由として、毎日、朝にドゥロイヤルを貰える事がわかっているからのようです。
元々、好き嫌いが多い家のチワワですが、この朝のご飯だけは残さずに食べてくれます。
そしてワンちゃんも人間と同じで朝の食事の如何によって、一日の元気が異なります。
これというのもある日、ドゥロイヤルを切らしてしまった事があり、いつものパワーが無かったように感じた事がありました。

また見た目、しょんぼりしているようにも見えたため、私も気分が良くありませんでした。
この事があってから、ドゥロイヤルは切らさないように心がけています。
やはり美味しくご飯を食べてくれると、私も元気な気持ちになりますので、私はドゥロイヤルを続けると思います。


飼い主口コミ

ドゥロイヤルはおやつ感覚でもあげる事が出来る優れモノ
家のワンちゃんは、ドライフードがとても苦手な子です。
これに気が付いたのは、初めてドライフードをあげた時に、良くむせてしまい残す事もしばしばだったためです。
なのでこれでは栄養もつかないと考えたため、ペットショップで色々と半生タイプのフードを見比べて見てみました。
半生タイプのフードは多くありましたが、私の目に付いたのはドゥロイヤルです。
このドゥロイヤルは、主食としてもあげる事が出来るのはもちろんですが、小出しにもあげる事が出来ます。

そのためおやつ感覚であげることも出来ると思ったのが、購入の決め手となりました。
家のワンちゃんもドゥロイヤルはとても大好物と言うのが見るからにわかります。
なので今では、半生タイプのドゥロイヤルは手放せない一品となっています。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ