特徴

欧米の犬と比較すると運動量が少ないといわれる日本の室内犬に合わせてカロリーを低めに設定し、コエンザイムQ10やクランベリーを配合し、犬の健康と美しさをサポートするドッグフードです。また涙やけや皮膚のトラブルに対応しています。

原産国

アメリカ合衆国

主要原材料

チキン及びラムが主要原材料です。

商品ラインナップ

7歳以上の高齢犬に必要な栄養素をバランスよく配合し、生き生きとした生活をサポートするシニアラム、生後1歳以上の成犬に必要な栄養素をバランスよく配合したアダルトチキン中粒、生後1歳以上の肥満・運動不足の犬や避妊・去勢手術後の栄養管理に配慮したライトラム及びライトチキン、生後1歳未満の幼犬及び妊娠・授乳中の母犬に必要な栄養素を配合したパピーチキン及びパピーラムがあります。
1kgあたり約850円です。

セレクトバランスについてまとめ

自由に運動ができる環境で大型犬の飼育が多い欧米とは異なり、日本では室内小型犬が多く飼育されています。室内で飼育されている犬に多い皮膚トラブルや涙やけは、欧米型のドッグフードに配合されている脂肪に問題があることが多いといわれています。セレクトバランスは、脂肪分を少なめに仕上げ、日本特有の飼育環境の犬に適したドッグフードです。

セレクトバランスの評判・口コミ

飼い主口コミ

夏バテワンちゃんにはセレクトバランス
セレクトバランスにドッグフードを切り替えてからワンちゃんの食欲が増しました。
口コミで餌の食いつきが良くなったという内容が多かったので、夏バテ気味のワンちゃんにはちょうど良いかなと思い購入しました。
使われている食材もしっかりとしたものですし、着色料や保存料といった原材料が含まれていないのは良い点ではないかなと思います。
商品の説明書きの中に、バツグンの風味、嗜好性とあり、食いつきがいいのはこういったところにあるのかもしれません。

確かに風味の部分は共感できるところがあり、袋を開けるとワンちゃんが臭いを嗅ぎつけて飛びついてきますよ。
日本の室内犬用にカロリーを考えて作ってある商品らしいので、体重を気にしているワンちゃんなんかにも良いかもしれませんね。


飼い主口コミ

カロリー少な目でダイエットに最適なセレクトバランス
ドッグフードの量を減らさずにダイエットできないかなと思い、ネットで色々検索したところセレクトバランスがおすすめという口コミをいくつか見かけたので購入してみました。
価格は決して安いわけではないですが、高すぎるということもなく、ちょうど中間くらいの感じです。
ネットで注文できるので自分で運ばなくても良いという点はとても良いところだと思います。

届いてからすぐに与えてみたところ、明らかに食べっぷりが違いました。
瞬く間に食べ終わってしまいもっと欲しいアピールをしてきました。
これは失敗かと思いましたが、量を間違えていたわけではないので、お腹は膨れていたようで、終わりと教えたら我慢してくれました。
カロリーが他のドッグフードと比べ低いみたいなので安心して与えることができます。


飼い主口コミ

同じ量を与えても満腹で体重が減るセレクトバランス
カロリー制限をするのに良いドッグフードはないかと探したところ、セレクトバランスに出会いました。
ネットで見つけてなかなか評価の高い口コミが多かったので試してみようと思いました。
使ってから3か月が経ちましたが、体重が300グラム減りました。
すごくゆっくりなペースですが徐々に減ってきているのは良い傾向かなと思います。

ドッグフードの量は一切変えていなくて、食いっぷりは前から変わらずで心なしか腹持ちも良いようです。
使われている原材料も人工的な物は含まれていませんので、体調の面では安心して与えることが出来るんじゃないかなと思います。
その辺のペットショップではなかなか売っていないのでネット通販での購入するのがお勧めです。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ