シニア期の犬の健康寿命を延ばすためには、なるべく運動を欠かさず筋肉を落とさないことが大切です。運動をするためには関節などの痛みがないことが必要ですが、シニア期になると関節を滑らかに動かす軟骨やその周りの水分が少なくなってきて、関節同士が擦れたり、神経にさわって痛みが出たりします。そんなシニア期の犬の関節を保護するサプリメントです。

原材料

ポーンペップ、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン、乳酸カルシウム、ビタミンD3、果糖液糖ブドウ糖、精製水を含んでいます。

原産国

日本で生産されています。

ラインナップ

グルコの杖一種類です。

値段と1日当たりの給与量

100ml一般小売価格2,000円です。大型犬7〜15滴、小型・中型犬5〜8滴、極小型犬3〜6滴を1日の目安としてそれぞれ2回フードにかけるか直接舐めさせて与えてください。

グルコの杖についてまとめ

関節は軟骨のクッションによって滑らかに動かすことができますが、加齢とともにこの散骨成分が減少したり、さらに水分が少なくなると血管がないため、栄養補給や老廃物の運搬ができなくなり、より消耗が激しくなります。グルコサミンは軟骨成分であり、またコンドロイチンは軟骨成分であるとともに軟骨に水分を運ぶ役割があり、サプリメントで摂取することでいつまでも自分の足で歩くことサポートします。

グルコの杖の評判・口コミ

飼い主口コミ

毎日グルコの杖を与えています
我が家の猫は年を取っても元気です。
またいつも外で遊んでいます。
しかし高齢ですので、やはり健康が気になります。
前に飼っていた猫は突然体調が悪くなって亡くなりましたので、今度は気を付けたいと思っています。
そこで以前友人からもらった、グルコの杖を試してみることにしました。
グルコの杖には動物の体に必要な栄養分がたくさん含まれていますので、毎日与えれば体調が良くなるそうです。

またグルコの杖は液状ですので、とても与えやすいです。
それから毎日フードと一緒に与えています。
そのせいもあり、最近は体の調子が良くなったように感じます。
前は寒くなると良く風邪を引いていましたが、今は風邪などで病院に行く回数も減ってきました。


飼い主口コミ

グルコの杖で猫ちゃんが元気になりました
家の猫は以前大病をしたことがありましたので、体調が気になっていました。
動物は一度大きな病気をすると腸の吸収率が落ちてきます。
そのため、他の病気にかかるリスクも高まるみたいですね。
そこでペット雑誌で見つけた、グルコの杖を試してみることにしました。
グルコの杖は人気がある製品のようで、多くの人たちの口コミがありました。
その口コミを信じて私も購入してみました。
通販サイトで購入すると数日で届きましたので、猫ちゃんに与えてみました。

最初はあまり食べてくれませんでしたが、毎日与えている内に食べてくれるようになりました。
その姿を見てとても嬉しくなりました。
今は毎日餌と一緒にグルコの杖を与えています。
グルコの杖を与えるようになってから、少しばかり元気になった感じがします。


飼い主口コミ

グルコの杖のおかげで猫ちゃんの体調が良くなりました
家で飼っている猫の体調が気になったので、病院で診てもらいました。
最近下痢をすることが多くなりました。
その旨を先生に伝えると、数日分の薬を処方してくれました。
その時の診察は単なる風邪でした。

しかしその後も良くならなかったので、ネットで見つけたグルコの杖を与えてみました。
グルコの杖は液状のサプリメントですので、毎日与えている餌に混ぜてみました。
病院からもらった薬が切れかけていたので、ちょうど良かったです。
それから何日かグルコの杖を与えてみましたが、猫ちゃんの体調がだいぶん回復してきました。
グルコの杖を与えるようになってから、何だか食欲が出てきたみたいです。
今後もグルコの杖を与えて様子を見たいと思います。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ