特徴

ドッグフードではなく、歯磨き用ガムシリーズです。犬の歯は歯垢や歯石が付きやすく、手入れをしないと歯肉炎やさらに毒素が体内に回って腎臓病や心臓病の原因になりかねません。また歯垢がつくと口臭の原因にもなります。犬のデンタルケアは定期的に歯磨きをすると良いのですが、犬は口に何かを入れられたり、ブラシで擦られたりするのを嫌がる場合が多いのが事実です。また歯石を落とすためには固いものをかませる方法もありますが、骨などは便秘やカルシウムの過剰摂取などが問題となります。グリニーズは1日1本をおやつとして与えるだけで、歯磨き効果があるとともに、クロロフィルが犬の口臭を消してくれます。

原産国

アメリカ合衆国

主要原材料

小麦粉、小麦タンパク、ゼラチンなどです。

商品ラインナップ

●成犬用
小型犬用ミニ(1.3〜4kg)、超小型犬用(2〜7kg)、小型犬用(7〜11kg)、中型犬用(11〜22kg)、大型犬用(22〜45kg)があります。
●カロリーケア
成犬用、体重管理用にカロリーを5%減らしました。
●エイジングケア
7歳から用で、高齢犬でもしっかり噛める硬さで、グルコサミン、コンドロイチンを配合しました。
●穀物フリー
穀物アレルギーの犬用です。
●口臭ケア
口臭が特に気になる犬にフレッシュミントの香りです。
●目の健康維持ブルーベリー入り
目の健康に配慮したブルーベリー入りです。
1kgあたり約600円です。

グリニーズについてまとめ

歯磨き用おやつです。1日一本で歯の健康を守ります。

グリニーズの評判・口コミ

飼い主口コミ

グリニーズを使って歯垢をおとす
愛犬の歯垢が気になり始めて、歯磨きをしていますがそれでも落としきれない部分があります。
でも今は、グリニーズで歯磨きのサポート的な感じで活用しています。
グリニーズは、味も良いみたいでいつまでも噛んでいます。
歯垢が綺麗に落ちますし、歯磨きの代わりにもなります。
グリニーズがあれば、忙しい時でも与えるだけで勝手に犬が噛んでいますので綺麗になります。

気に入ってずっと噛んでいるのか、遊んでいるだけなのかわかりませんがこうして時間をかけて噛んでいてくれることで、歯が綺麗になりますので飼い主にとっては楽なものです。
グリニーズは、何の躊躇もなく噛んでくれるので助かっています。
体調が悪くなってしまうこともありませんので、安心して与えることができます。


飼い主口コミ

定期的にグリニーズを使っています
我が家の愛犬は、小型犬ですが定期的にグリニーズを使っています。
歯磨きは時々しているのですが、やはり歯垢はついてしまいますし、歯垢がたまってくると口が匂ってきます。
そこで見つけたのがグリニーズでした。
グリニーズは、味が良いのか喜んで私の手からもっていきます。
そしてゆっくりと噛みながら歯垢を落としてくれるので重宝しています。

グリニーズがあることで、歯垢がたまらずにいつでも息が綺麗になっているのがすごくうれしいです。
噛んで食べてしまっても、これまで体調が悪くなってしまったこともありませんので、安心して与えて大丈夫だと思います。
定期的にグリニーズを1日に1本与えていますが、私はこれで十分だと思いますよ。


飼い主口コミ

口を清潔に保てるグリニーズ
グリニーズは、歯垢を勝手にとってくれるので愛犬にたいしては手放せないものです。
これをすごくゆっくりと噛むことで歯垢を除去してくれますので、犬の歯もきれいになります。
多く与えてしまうと、排便がグリニーズ色になることも時々ありますが、全く健康には問題がありません。
体質によっては合わない場合があるかもしれませんが、それでもそうしたことはまれなことだと思います。

ゆっくりと噛むことで、犬もストレス発散されると思いますし綺麗になりますので一石二鳥だと思います。
うちの犬はグリニーズを特に奥歯で特に噛むので、歯ブラシが行き届かないところが綺麗になっていいですよ。
グリニーズは何本か与えても、特に下痢などすることもありません。

こちらもチェック!おすすめコンテンツ!



《執筆者樹里について》

管理人樹里

犬を本格的に飼い始めてから20年ほど。

現在は訓練競技会などにも積極的に参加。現在ボクサー2匹パピヨン1匹トイプー1匹飼育しているワンちゃん溺愛主婦です。

執筆者樹里の愛犬

《人でも食べられるとハッキリ公式サイトに書かれているこだわりドッグフード》

ドッグフードには、人が食べる者にはまず含まれていないような合成着色料、防腐剤が使われていることが多いです。

また、こだわりの外国産ドッグフードに関しても、輸送工程での温度管理などによる品質劣化の疑念があります。

筆者が犬の健康のために抑えておくべきだと考えているドッグフード選びのポイントは

  • 国内製造であること
  • 国内製造で且つ無添加であること
  • 人でいうところの成人病になってしまうような食事でないこと
  • 人でも食べられる

人でも食べられるということは、犬だから許されるような安価な合成着色料、防腐剤を使用していないという証拠。ネーミングだけで何となく犬の健康によさそうだと勘違いさせるようなドッグフードとは明らかに別物。

愛犬と長く過ごすためにということは勿論のこと、

  • 獣医への通院頻度減により手間が少なくなる
  • 獣医への通院頻度減によりお金が掛からなくなる

ことにもつながります。健康は食から。これは人も犬も同じ。

こだわりの人でも食べられるドッグフードを一度チェックしてみてください。

引用元:カナガン、ナチュラルドッグフード、ロイヤルカナン、サイエンスダイエットの口コミ評判比較他|犬の餌おすすめランキングナビ